チャットボットの中でもWebサイトやランディングページに設置することができ、お客様対応と社内対応のどちらにも対応することができるチャットボットの「チャットディーラー」を紹介します。

チャットボットとしての特徴

サービススタイル

2. サービス提供[パッケージになっているもの]

対応する業務種類

1. Q&A型

チャットの仕組み

2. 選択肢型 3. 辞書型 4. ログ型

チャットディーラーのサービス概要

   
会社名 代表取締役中村崇則 設立2000年11月1日 資本金3億7,837万8千円 従業員数連結:821名 単体:418名(2019年4月1日現在) 本社所在地〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11 アグリスクエア新宿2階
会社概要 チャットボットの中でもWebサイトやランディングページに設置することができ、お客様対応と社内対応のどちらにも対応することができるチャットボットの「チャットディーラー」を紹介します。
契約期間 1ヶ月毎の契約
初期費用 未確認
月額費用 月額10,000円

チャットディーラーの口コミをみる

チャットディーラーの相談をする

チャットディーラーを保存しておく。

チャットディーラー(chatdealer)の特徴やメリットを紹介|株式会社ラクスのチャットボット

企業に対するお客様対応を自動で回答してくれる「チャットボット」を導入することで、人手不足を解消することができより円滑に事業を進めることができます。

そのチャットボットはいくつかの種類やタイプがあり、導入する際には事業内容に合ったチャットボットを選択するとより効果的なものになります。

そこでこちらでは、チャットボットの中でもWebサイトやランディングページに設置することができ、お客様対応と社内対応のどちらにも対応することができるチャットボットの「チャットディーラー」を紹介します。

「チャットディーラー」とは?

「チャットディーラー」を提供しているのは株式会社ラスクで、主にIT技術を活用して中小企業のサポートを行う事業を行っています。

そしてチャットディーラーとは、Webサイトや社内のポータルサイトにチャットウィンドウを設置して、お客様対応や社内対応ができる「Webチャットツール」になります。

お客様や社内でのよくある問い合わせに対して、チャットディーラーに内蔵しているチャットボットが瞬時に読み込み的確な回答を自動的に行ってくれます。

事前に質問事項をExcelファイルでチャットボットに取り込ますことができ、対応ログや過去の問い合わせ履歴などを返しながらお問い合わせに対して回答していきます。

月々の料金は定額制となっていて、月額10,000円の料金でチャットディーラーのすべての機能を使うことができます。

ただ初期費用がかかるので、詳しい金額や見積もりをする場合にはチャットディーラーの公式ホームページから問い合わせする必要があります

「チャットディーラー」の特徴とは?

チャットディーラーのチャットボットとしての特徴は、「シナリオ型チャットボット」と「一問一答型チャットボット」の2つのチャットボットがあることです。

「シナリオ型チャットボット」とはフローチャートのように作成することができて、最初の質問内容から枝分かれ的にユーザーに選択してもらい、最終的に質問したい内容に対して適切な答えにたどり着くことができます。

フローチャート形式で作成することができるので、設計もしやすく質問から回答までのシナリオが視覚的に表示されるので選択肢の追加や修正などを簡単に行うことができます。

一方「一問一答型チャットボット」とは、Excelファイルを取り込むことでチャットボットを制作できるタイプになります。

質問内容の「Q&A」やキーワードの類義語などを登録するだけで、チャットボットが自動で作成してくれます。

シナリオ型チャットボットよりも簡単に作成することができるので、チャットディーラーを導入したばかりの人には「一問一答型チャットボット」から作成してみることをお勧めします。

「チャットディーラー」のサービスや機能とは?

チャットディーラーのチャットボットは「シナリオ型チャットボット」と「一問一答型チャットボット」の2つのタイプがありますが、その他にもさまざまなサービスや機能も付いています。

・分析・レポート

チャットディーラーの機能には、どの選択肢がどれくらい選ばれたのかを分析してくれてレポートにまとめてくれる機能があります。

フローチャートに選択肢の割合が明記されている「チャットボットレポート」と、全体の選択肢の結果をグラフや表にした「全体レポート」といった2つのレポート機能があります。

・アンケート機能

「アンケート機能」はチャット終了時にアンケートを表示させる機能のことで、アンケート結果をレポートにしてまとめてくれます。

作成したチャットボットに対する評価をしてもらうことで、より使いやすく正確なチャットボットに修正することができます。

・履歴表示・CSV出力

訪問者やチャットごとに履歴を表示させるてくれる機能が付いているため、検索したいユーザーや質問内容を瞬時にピックアップすることができます。

また、CSVファイルによって出力させることができるので、Excelに落とし込むことも簡単に行えます。

・訪問者情報

自社のWebサイトに訪れた訪問者の情報を閲覧することができます。

さらに、訪問者ごとに任意の項目頃に管理することができるので、チャットディーラーを導入するだけでWebサイトの訪問者を整理することができます。

・その他の便利機能

チャットディーラーのその他の機能には、メッセージ入力エリアの表示切替、お知らせ表示、ポップアップと音声での通知、回答支援、ダッシュボード、スタッフ別レポートといった表示機能や通知機能などのさまざまな便利機能が付いています。

その他にも、株式会社ラスクが提供しているメール管理サービスの「メールディーラー」との機能と提携させることもできます。

「チャットディーラー」のまとめ

チャットディーラーを導入することで、ユーザーの問い合わせに対して負担を大幅に削減することができます。

また、チャットボットの作成事態も誰でもできるようになっているので、専門的な知識などが無くても簡単に作成することができます。

そのため、ユーザーの問い合わせによって本業に支障が出る中小企業にはオススメのWebチャットツールになります。

関連記事

  1. 既存顧客 新規顧客

    既存顧客の維持と新規顧客の獲得、売上向上のためにはどちらを優先すべき?

  2. 不動産業界チャットボット

    不動作業界で導入が進むチャットボットを5つの事例とともに解説

  3. 選択肢型チャットボット

    質問と選択肢による回答でやりとりする選択肢型チャットボット

  4. チャットボットの仕組

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

  5. 業務効率化

    チャットボットの効率化を種類別に解説

  6. チャットボットの効果

    お問合せを自動対応をしてくれる「チャットボット」の効果とは?