Pythonエンジニア必読!現場レベルで活躍!機械学習の開発が快適になるライブラリ

プログラミング界隈で、無視できないものになっている「機械学習」。機械学習は、JavaやR、Pythonと言ったプログラミング言語が選ばれています。そのようなプログラミング言語の中で、一番重宝されているのはPythonです。実際に、大手企業のエンジニアや、フリーランスのエンジニアがPythonをチョイスしています。それは、日本だけではなく、海外でも同じくです。

機械学習のプログラミングはなぜPythonが選ばれているのか?

機械学習のプログラミングで、Pythonが好まれている理由は、「書き込みのやりやすさ」「可読のやりやすさ」です。したがって、生産性が高まります。

効率よく機械学習を開発したライブラリを使おう

パソコン

機械学習の開発に特化したライブラリが、たくさんあります。ライブラリを使えば、作業が快適になるので、Pythonのエンジニアは避けては通れません。ただ、唯一デメリットを上げるとするなら、「ライブラリの数が多すぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまうこと」です。

そこで今回は、おすすめの機械学習ライブラリをまとめてみました。実際に現場レベルで使われているライブラリばかりなので、現役エンジニアも、初心者エンジニアも必見です!

おすすめライブラリその1、『TensorFlow』

TnesorFlowは、あのGoogleが開発しているライブラリで、ニュートラルネットワークを用いています。ちなみに、ニュートラルネットワークとは、「人間の知能を再現したもの」です。それを、ハイレベルなロジックを持つGoogleが開発しただけあって、多機能な開発が可能になっています。

ちなみに、TnesorFlowは、ニュートラルネットワークの「仕組みを勉強できるコンテンツ」を用意しているのも魅力です。したがって、「機械学習の勉強教材を探している」という人にもおすすめとなっています。

おすすめライブラリその2、『Theano』

Theanoは、「多次元配列」を用いたライブラリになっています。ちなみに、多次元配列とは、数学で使われる数式のことです。その恩恵により、他のライブラリでは不満が残るポイントも、解消に導いてくれます。特筆すべきなのは、機械学習に関するチュートリアルが充実していることです。

機械学習は、Pythonを使った仕事でもハイスペックの部類なため、慣れないうちはつまずくことが多いと思います。そんな時に、このチュートリアルを使えば、解決への近道になるのです。

おすすめライブラリその3、『Chainer』

こちらは、国産のライブラリです。したがって、その使い勝手は、日本人にこそおすすめとなっています。機能として魅力なのは、「リアルタイムの計算グラフを搭載していること」です。その恩恵によって途中でニュートラルネットワークが変わっても、それに追いつく学習ができるようになっています。

おすすめライブラリその4、『Pyevolve』

Pyevolveは、コードソースの書きやすさが好評のライブラリです。このように書くと、初心者向けのライブラリに感じるかもしれませんが、決してそうではありません。しっかり多機能ですし、拡張性にも優れています。したがって、どちらかと言うと、ベテラン向けのライブラリです。

そのため、Python初心者がいきなり手をつけるライブラリではなく、ステップアップの過程で使いたいライブラリとなっています。

・おすすめライブラリその5、『Deap』

Deapは、快適な動作性に定評があるライブラリです。特筆すべきなのは、「遺伝子アルゴリズムになっている」こと。遺伝子アルゴリズムとは、生命の機能を模擬化した人工知能の一種です。それを用いた、拡張性が魅力となっています。そのため、応用性の高さに定評ありです。

おすすめライブラリその6、『Edward』

Edwardは、処理能力が早いため、動作性にこだわりたいエンジニアに人気です。ベイズ統計+深層学習+機械学習+確率的プログラミングの合わせ技のライブラリになっており、多機能なのも魅力となっています。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?今回は、Pythonのエンジニアが、現場レベルで使用している、機械学習向けのライブラリを紹介してみました。Pythonのエンジニアは、Webアプリケーションの開発が、キャリアスタートになっています。

それを極めれば、Webアプリケーションの開発だけでも、食っていくことは可能です(もちろん、フリーランスでも)。しかし、さらに高収入を狙うためには、機械学習の着手は必要不可欠となっています。しかし、機械学習の開発は、Webアプリケーションの開発より困難です。

そのため、腰が重いエンジニアも多いと思います。しかし、今回紹介したライブラリを使えば、そんな苦労も軽減 プログラミング界隈で、無視できないものになっている「機械学習」。機械学習は、JavaやR、Pythonと言ったプログラミング言語が選ばれています。

そのようなプログラミング言語の中で、一番重宝されているのはPythonです。実際に、大手企業のエンジニアや、フリーランスのエンジニアがPythonをチョイスしています。それは、日本だけではなく、海外でも同じくです。

関連記事

  1. フリーランスの案件で高水準コードの知識が活かせます

  2. Pythonエンジニアの経験談!年収が増えたら税理士に確定申告してもらおう

  3. Web開発(PHP)案件で在宅副業したリアル

  4. Pythonエンジニアは働きやすいだけでなく需要も高い!

  5. エンジニアの副業。収入とスキルをアップさせるには

  6. フリーランス

    フリーランサープログラマーのAndroidを利用した仕事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。