クライアントは Python エンジニアに何を求めているのか?

日本国内でも、積極的に採用され始めている プログラミング言語の 「Python」。 この Python を 駆使して、「フリーランスで 稼いでやるぞ!」と 鼻息を荒くしている エンジニアも、いるのではないでしょうか? しかし、スキルに自信があるだけでは、 クライアントからの 信頼は続きません 。一体、クライアントは、Python のエンジニアに何を求めているので しょうか?

Pythonのエンジニアが求められているもの

求められているものその1 、C 言語の理解

「 Python のエンジニアなのに 、C 言語の理解が必要なの?」 と思うかもしれませんね。でも、 あるに越したことはありません 。なぜなら、 Python は、 C 言語を ベースにしているライブラリが あるからです 。

したがって、 Python にしか触れていないエンジニアは、フリーランスになる前に 、C 言語も学んで ください。 そうすれば、 Python の案件にありつけない時期に、 C 言語の案件にありつける可能性があるので、損をすることはありません。

求められているものその2 、ソースコード を 書き込む スピード

クライアントから、 大まかなイメージの を持ちかけられた時に、 素早くスケッチできるエンジニアは重宝されます。特に、 短期案件を 多数抱えているクライアントなら、なおさらです。 したがって、 Python が使えても 、ソースコード を 書き込む スピードが遅い エンジニアは、 受注が続かないかもしれません。

求められているものその3 、Python を使って作られている Web サービスへの知識

本

Python を扱えるにもかかわらず、「 どんな Web サービスで Python が使われているのか?」を 知らないエンジニアは、 意外と 多いです。 駆け出しのエンジニアならまだしも、 そこそこのキャリアがあるエンジニアにも、見られます。

Python が使われている Web サービスで一番有名なのは、 おそらく「 Instagram」 でしょう。 他には、Dropbox も 有名です。 このようなサービスを作りたいクライアントは、たくさんいます。し たがって、 「Python は使えるけど、 Web サービスには詳しくない」 エンジニアは、受け入れられないことがあるのです。

 求められているものその4 、チームワーク性

これは、 常駐勤務の Python エンジニアに、強く求められることです。スキルが高いエンジニアは、周囲を置いてけぼりで突っ走ってしまうことがあります。しかし、一人の作業スピードが 早ければ 、 プロジェクト 完了が早いわけではありません。

Python は、簡単にメンテナンスできる言語なので、「 やっぱり、この部分直しといて」 なんてことは、日常茶飯時なのです 。したがって、突っ走りすぎた結果、「自分だけ 直しが多い、、、」なんてことに なりかねません。ですから、 必ず足並みを揃えて プロジェクトを進めましょう。

求められているものその5、 英語のスキル

英語

必ず必要なわけではありませんが、英語のスキルがあるエンジニアが重宝されるのは、間違いありません。 Python は、 日本より海外で主流になっているので、 最新ニュースは英語で発信 されることが多いのです。

英語ができなくても、 翻訳サイトを使えば 理解できなくはないですが 、翻訳サイトも万能ではないため、英語ができるに越したことはありません。また、 国内で働いている外国人エンジニアと コミュニケーションをとる必要がある場合もあるので、英語が できた方が良いのです。

求められているものその6 、数学スキル

IT業界は、「エンジニアに数学スキルは必要ない」 という意見と、「エンジニアでも数学スキルは必要」という意見に分かれます。 実際、 数学が得意ではないエンジニアは 、珍しくありません。しかし、 Python に関しては、そういうわけにはいかないでしょう。 なぜなら、 Python は 、科学の分野で 注目されているからです。

特に、人工知能の開発で、熱い視線を浴びています。したがって、人工知能の開発に携わりたい エンジニアは、数学の勉強は避けて通れません。「今更、数学の勉強なんて、、、」 と思うエンジニアもいるかもしれませんが、 ご安心を!Python と数学を結びつけた入門書は結構多いので、 勉強しやすいはずです。

ある程度、 Python が打ち込めるエンジニアなら 、文系出身でも 習得できるので、諦めずにトライしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、 「 クライアントは Python のエンジニアに何を求めているのか?」に 迫ってみた のですが、いかがでしたでしょうか? 日本では、PHP や Ruby、 Java などの言語が主流になっているため、Python は遅れをとっている印象があります。

しかし、 人工知能を取り入れた 自動車や 家電 、Web サービスが増えている 近年、確実にシェアを広げる プログラミング言語です。 したがって、 Python を覚えれば 、 年収が上げる 可能性が高まります。 だから、 Python で フリーランスを目指す 人は 、今回紹介した 需要を 搭載して 、クライアントから仕事をもらえるエンジニアになってください。

関連記事

  1. Pythonエンジニアの経験談!年収が増えたら税理士に確定申告してもらおう

  2. Python学習体験

  3. Pythonに特化した資格を取得して年収アップを目指すそう

  4. Pythonエンジニアは働きやすいだけでなく需要も高い!

  5. Pythonエンジニアはセミナーに参加しよう

  6. Pythonエンジニア必読!現場レベルで活躍!機械学習の開発が快適になるライブラリ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。