TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

Pythonエンジニアはセミナーに参加しよう

近年では、日本でもPythonを扱えるエンジニアが増えてきました。Pythonは、日本ではまだマイナーな言語に含まれているため、フリーランスになれば、溢れている案件を独り占めできる可能性があります。そうすれば、年収もうなぎのぼりです!

しかし、最初は順調に稼げていても、限界が訪れるかもしれません。それは、プログラミング技術が向上せず、単価の高い案件を受注できないのが原因だと思われます。そんなエンジニアは、是非、勉強会やセミナーに参加してみてください。

セミナーや勉強会に参加すると何が得られるのか?

セミナーや勉強会に参加しなくても、細々とフリーランスで食べていくことは、不可能ではありません。それでも、セミナーや勉強会に参加することをおすすめします。それは次のような理由があるからです。

スキルアップが期待できる

フリーランスのエンジニアは、スキルが一番大切です。したがって、フリーランスになっているエンジニアは、皆さんPythonのプログラミングには自信があると思います。しかし、フリーランスになると、その実力がアップしないエンジニアも多いのです。それは、会社員時代のように、「切磋琢磨できる仲間がいないから」という理由が大きいと思います。

危機感を感じているうちがチャンス

フリーランスになるようなエンジニアは、技術向上心が強いはずです。したがって、頭打ちになった自分の技術に、危機感を覚えているでしょう。ちゃんと、そういう危機感を覚えているエンジニアは、まだまだスキルアップの余地があります。

ピンポイントなスキルアップができる

勉強会やセミナーは、エンジニアのレベルに合わせて開催されており、その内容もさらに細かく分かれています。したがって、今の自分に足りない技術を、ピンポイントで学ぶことができるのです。

人脈が広がる

セミナーや勉強会には、自分と同じ境遇のエンジニアが集まってきます。そのため、交流の輪が広がるのです。そうすると、仕事の受注につながる可能性が出てきます。人脈作りは、フリーランスが最も苦手としていることです。そのため、勉強目的ではなく、人脈作りを目的に参加しても良いと思います。

名刺をお忘れなく

勉強会やセミナーに参加する際は、必ず名刺を持って行き、積極的に参加者に配ってください。SNSをやっている場合は、名刺に記載しましょう。そうすれば、SNS上で気軽にアプローチできます。もし、「もっと話を聞いてみたい」と思った講師がいたら、その講師とも名刺交換してください。そうすれば、その講師が開催するセミナー情報を教えてくれるかもしれません。

おすすめの勉強会やセミナーを発信しているサイト

サイト

フリーランスをターゲットにした勉強会やセミナーは、サイトを使って探すのがおすすめです。そこで、ここからは、多くのリピーターを生み出している、人気のサイトを紹介したいと思います。

Peatix

エンジニアにとどまらず、多彩なイベントを開催してるサイトです。エンジニア向けのセミナーでは、体験型やウェブ解析など、実際の仕事で役立つ内容を教えてくれます。

チケットはオンラインで手配可能

セミナーに参加するためのチケットは、オンラインで手配できます。しかも、手配したチケットは、スマートフォンにデジタルチケットで送られてきます。したがって、忙しいエンジニアでも、手間を取られないのです。

connpass

一つのセミナーを一回で終わらせるわけではなく、複数回に分けています。そうすることで、セミナー参加者が確実にスキルアップできるように配慮しているのです。さらに特徴的なのは、SNSと連携していること。それにより、サイトの使い勝手が格段に向上しました。

様々なセミナーを立ち上げ

淡々と、セミナーを繰り広げるだけではなく、様々なセミナーを立ち上げています。例えば、「女性エンジニア限定」です。近年では、女性エンジニアが急増していて、フリーランスになるケースも珍しくなくなりました。ただ、エンジニア業界はまだまだ男性社会なので、セミナーに参加しづらい女性が多いのです。そんな女性陣も気軽に参加できるメリットは、大きいのではないでしょうか?

dots.

今や、エンジニアは様々な業界で活躍中です。dots.は、そんな中でIT業界に焦点を当てています。セミナーは、全国各地で開催中です。したがって、地方にお住まいのエンジニアにこそ、チェックしてもらいたいサイトに仕上がっています。

レベルに合わせたセミナーが魅力的

プログラミングの初心者に向けたセミナーから、ベテラン向けのセミナーまで、幅広くイベントを開催しています。フリーランスに特化したセミナーは、独立したばかりのフリーランスをターゲットにしているものもあれば、ベテランのフリーランスをターゲットにしているものまで様々です。したがって、全てのエンジニアに注目してもらいたいサイトとなっています。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。