やっとPythonを習得したのに!いいことばかりじゃない?年収1000万円にまつわるメリットとデメリット

私は、PHPやルビーを駆使しているフリーランスのエンジニアです。その年収には満足していたのですが、1,000万円を超えることがなく、「夢の大台に乗ってみたい!」と思うようになりました。そこで、使うようになったのがPythonです。そうすると、あっという間に年収1,000万円に到達!しかし、実際は良いことばかりではありませんでした。そこで今回は、年収1000万円のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

在宅仕事だけでは年収1000万円は難しいかも?

私の知り合いには、在宅仕事だけで年収1000万円を稼いでいるエンジニアがいます。しかし、在宅仕事だけで年収1000万を稼ぐのは、至難の技です。高案件を受注できるキャリアが必要ですし、相当な人脈がなければなりません。

常駐を積極的にこなして夢の1000万円へ

当時の私は、そのようなキャリアが人脈がなかったため、在宅仕事で年収700万円~800万円を稼いでいました。そこで私は、フリーランス向けのクラウドソーシングを使って、客先常駐をこなすことにしたのです。

Pythonが使えれば、常駐先に困ることはありませんでした。仕事の単価は、在宅仕事に比べると10万円~30万円ぐらいアップします。私は、いろんな常駐先を経験したかったので、短期案件を中心に、常駐先を渡り歩いていました。その結果、初の年収1000万円を獲得できたというわけです。

年収1000万円のメリットとデメリット

悩む男性

ここからは、私が感じた年収1000万円のメリットとデメリットを記していきます。

メリット

お金の自由

やっぱり、一番のメリットはこれですよね!年収1000万円もあれば、相当な贅沢ができます。例えば、旅行に出かけたり、趣味に使ったり、ハイスペックなパソコンを購入したり、etc。貯金にも余裕が出るので、安い案件を無理に受注することなく、仕事を選べるようになるのも嬉しいポイントです。

単価交渉がしやすくなる

これだけの金額を稼げるようになると、実績が着くので、単価交渉がしやすくなります。多少、強気に交渉しても、通ることが多くなりました。

社会的信用

フリーランスのエンジニアは、年収が安定しないため、社会的信用が低いです。したがって、賃貸の審査に落ちたり、クレジットカードの審査に落ちたりします。私も、散々そのようなことで悩まされてきたのですが、年収が1,000万円を超えるようになると、すんなり通るようになったのです。それで、ようやく念願だった地域に移り住むことができました。

デメリット

休みが少ない

「フリーランスになると、自由に働ける」と思っている人が多いと思います。しかし、それはあくまでも、そこそこの年収の話です。年収1000万円を稼ぐとなれば、バリバリ働かなければなりません。人と同じ量だけ働いて、人より高い年収になるわけがありませんから、当然といえば当然ですね。

したがって、休みはほとんどありませんでした。それで、ようやく1000万円を実現しても、「これを何年も続けていくのは、厳しいなあ」と思ったのが正直な感想です。

健康を損なう

エンジニアリングは、座りぱなしの仕事なので、腰や体が痛くなります。そのため、隙間時間で体を動かす必要があるのですが、休みを返上して働くため、その時間がありません。したがって、健康を損なう一方です。また、疲れているはずなのに眠りが浅かったり、食欲が湧いてこなかったり、etc。いろんな健康被害がありました。

税金が高い

フリーランスは、確定申告して税金を払わなければなりません。フリーランスの税金は、年収に応じて変わります。年収が、900万円~1800万円以下の場合は、33%ほどの年収が取られるのです。したがって、税金対策を考慮したお金の使い方をしなければなりません。

しかし、休日を返上して働いていたこともあり、あまり税金対策できませんでした。そのため、しっかりした税金を払うはめに、、、。「あんなに頑張ったのに手元に残ったのはこれだけ、、、」と、残念な気持ちになりました。

稼ぎすぎないのが吉かもしれない?

笑顔の男性

まとめとして思ったのは、「稼ぎすぎない方がいいのかも?」ということです。というのも、初めて年収1000万をオーバーしたときは、喜びよりも、戸惑いの方が大きかったからです。特に税金の面は大きくて、実際に使える金額は、年収700万円ぐらいの時とあまり変わりませんでした。

年収700万円が一番適切かも?

あくまでも、私が個人的に思った感想ですが、年収は700万円が、一番余裕を持って暮らせる金額かと思います。これくらいの年収なら、適度に頑張って、適度に休めるんです。

まとめ

今回は、年収1000万円のメリットとデメリットをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?Pythonは、新卒のフリーランスでも、年収1000万を目指せるプログラミング言語です。本気で1000万円を目指したいフリーランスは、きちんとデメリット面の対策をとっておきましょう!

関連記事

  1. フリーランスの案件で高水準コードの知識が活かせます

  2. Pythonに特化した資格を取得して年収アップを目指すそう

  3. Pythonエンジニアはセミナーに参加しよう

  4. クライアントは Python エンジニアに何を求めているのか?

  5. Pythonの平均年収は?

  6. Pythonを扱えるフリーランスエンジニアは会社員のエンジニアと結局一緒?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。