Pythonエンジニアの経験談!年収が増えたら税理士に確定申告してもらおう

フリーランスエンジニアになった途端に、確定申告の義務が発生します。確定申告は本当に憂鬱なので、全てのフリーランスエンジニアが、げんなりしていることでしょう。年収が格段にアップして、自分でやる確定申告に限界が出てきたら、税理士に依頼することをオススメします。

Pythonを使うと夢の年収1000万円到達が実現できる

私は、フリーランスエンジニアになって3年目か4年目ぐらいまでは、PHPやRubyで仕事していました。一生懸命やっていましたが、年収1000万円に到達することは一度もなかったのです。フリーランスエンジニアなら、年収1000万円は一度は実現したい夢ですから、「どうにかならないか?」と考えたときにわPythonを使うようになりました。

短い稼働時間で年収1000万円を実現

Pythonを使うようになってからは、夢の年収1000万円にすぐ到達しました。稼働時間は、例年の2/3ぐらいです。

その代わり確定申告が大変!

年収1000万円を実現できたのは良かったのですが、その後の確定申告が大変でした。稼働時間は短かったとはいえ、Pythonを勉強しながら受注していたので、確定申告の準備が全然できていなかったのです。そのため、初めて税理士に依頼しました。

確定申告を税理士に行ってもらうメリットとデメリット

疑問男性

 

高額所得のフリーランスエンジニアにこそ、使ってもらいたい税理士なのですが、メリットもあればデメリットもあると感じました。

メリットその1、間違いが起こらない

私が、初めて確定申告したときは、その複雑さに戸惑った覚えがあります。何度もトライアンドエラーを繰り返して、10時間ぐらいで確定申告を終えました。翌年以降は、もう少し時間が早くなったものの、トライアンドエラーすることは結局変わらなかったです。しかし、税理士に依頼していれば、そんな間違いは起こりません。

メリットその2、仕事に集中できる

確定申告は1年に1回行うものですが、事前の準備や経費の整理に時間を取られるため、なんだかんだで一年作業です。そのため、仕事に集中できない時もありましたが、税理士に任せてしまえば、仕事に集中できます。

メリットその3、節税のアドバイスがもらえる

年収1000万円を超えるとなると、支払う税金も莫大です。そのため、節税テクニックが重要になります。節税に関しては、税理士がアドバイスしてくれるので、心配は要りません。そのアドバイスは、目から鱗なものも多くて、感動しました。

デメリットその1、費用がかかる

税理士の依頼は、もちろん有料です。費用に関しては、後でもう少し説明しますが、そこそこの値段がかかります。そのため、収入が安定しないうちは、税理士は使わない方がいいと思います。

税理士選びのポイントは?

握手

一言で税理士と言っても、いろんな税理士がいるので、いまいちな税理士もいます。かくいう私も、一人目にお願いした税理士は、「失敗だな」と思いました。その失敗は、次にあげるようなポイントを見逃していたからだと思います。

「費用のチェック」
「税理士の実績」
「税理士の人柄」

この3つは、どれも大事なのですが、私が一番重要だと思ったのは、「税理士の人柄」です。気が合わない税理士さんだと、二人三脚は厳しいと思います。そのため、複数の税理士事務所回って、気の合いそうな税理士さんを探して下さい。

最低限かかる税理士費用の内訳

税理士費用は、事務所によって違いますし、フリーランスエンジニアの年によって変動します。そのため、今から紹介する内訳は、あくまでも大まかなものと捉えてください。

・顧問料、、、月3万円
顧問料は、年間契約の場合に発生します。1ヶ月3万円ぐらいが相場です。

・記帳代行料、、、月3万円
これは、領収書の記帳を代行してくれる際の料金です。1ヶ月3万円ぐらいが、相場となっています。

・確定申告代行、、、7万円
これは、フリーランスエンジニアの代わりに、確定申告をやってもらうための料金です。7万円ぐらいが、相場と言ったところではないでしょうか。

・消費税申告代行、、、5万円
消費税の申告を代行してもらうための料金です。相場は、5万円前後となっています。

初年度から税理士を使うのはおすすめできない

このように、便利な税理士なのですが、フリーランスエンジニアになりたての初年度から、税理士を使うのはオススメできません。

お金の能力が身につかなくなる

フリーランスエンジニアは、経営者のようなものです。そのため、経費の使い方や資金管理などを理解できていないといけません。そこが身についていない段階で、税理士に依頼すると、お金の能力が身につかなくなります。

まとめ

今回は、税理士と確定申告の関係に迫ってみたのですが、いかがでしたでしょうか?フリーランスエンジニアを目指している以上、誰もが高額所得を目指しているはずですから、税理士との契約は、いつかぶち当たる壁だと思います。最後の方でも記したように、いきなり税理士を使うのはオススメできませんが、どうしても必要だと感じた時は、迷わず依頼してください。

関連記事

  1. Pythonの平均年収は?

  2. Python学習体験

  3. Pythonエンジニアは働きやすいだけでなく需要も高い!

  4. Pythonのフリーランスエンジニアの働き方

  5. Pythonエンジニア必読!現場レベルで活躍!機械学習の開発が快適になるライブラリ

  6. Pythonエンジニアも気を付けて!フリーランスエンジニアが客先常駐先でやりがちなルール違反

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。