TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

フリーランスの PHP って今後も需要はあるの?

Python、Java、C+、Ruby、Swiftなど、PHPよりスキルの高いプログラミング言語は、たくさんあります。したがって、これからPHPでフリーランスになろうと思っているエンジニアは、「今後どこまでPHPフリーランスの需要が続くのか?」が心配ではありませんか?

PHPフリーランスの需要はまだまだある

PHPフリーランスの需要は、まだまだ続くと思われます。その理由は、次のようなものです。

幅広いシーンで凡用が効く

PHPは、エンジニアになりたての人でも簡単に作れるレベルのウェブサイトに、使われていることが多いです。しかし、高度なウェブシステムのプログラムにも使われています。この凡用性の高さは、プログラミング業界にとって手放せません。

PHPエンジニアを育成しやすい

PHPは、Java、Ruby、C+などのプログラミング言語に比べると、習得しやすいです。プログラミング初心者でも、豊富に用意されているコードサンプルを使えば、半年から1年で習得できてしまいます。したがって、「PHPエンジニアを育成しやすい」というメリットがあるのです。ここで、「フリーランスで働くなら育成される立場ではないんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんね。しかし、そんなことはありません。

win-winの関係になれる

フリーランスで働くと言っても、クライアントとのお付き合いは必要不可欠です。クライアントは、常にスキルのあるエンジニアを求めています。そのため、「一緒に仕事をするエンジニアには、当社の仕事を通じてスキルを上げて欲しい」と思っているのです。その結果、スキルが上がってくれれば、クライアントは「質の良い仕事をしてもらえる」から満足ですし、PHPフリーランスからすると、「引き続き仕事がもらえて満足」というwin-winな関係になるのです。

PHPのフリーランスエンジニアが高収入を獲得するまでの一例

ビジネスマン

前述したように、まだまだ需要があるPHPのフリーランスエンジニア。しかし、フリーランスになった途端に稼げるほど甘くはありません。実力や経験年数がものをいう世界ですから、当然といえば当然です。そこでここからは、PHPのフリーランスエンジニアが高収入を獲得するまでの、一例を紹介したいと思います。あくまでも、参考例として捉えておいてください。

未経験スタートの場合

PHPスキル未経験でフリーランスになる人は少ないのですが、いるにはいます。そういう人は、まず基礎から学ばなければならないので、プログラミングスクールに通いましょう。独学で学べないことはないですが、スキルアップのスピードが違います。なかなか仕事にはありつけないと思うので、1ヶ月10万円前後ではないでしょうか。もしかしたら、それより低いかもしれません。

半年の場合

スポンジのような吸収力を持っている人なら、半年あれば滞りなくPHPが打ち込めるようになります。ある程度、流れるように打ち込めるようになったら、一か月20万円は固いかもしれません。しかし、成長が滞っている人は、未経験スタートの時と変わらないかもしれません。

1年の場合

1年もやり続ければ、大まかなPHPスキルはついていると思います。週5日たっぷり働いたとして、20万円オーバーが目指せる頃です。難易度の高い受注にチャレンジしている場合は、一件あたりの報酬が高くなるので、月収30万円前後になるかもしれません。

2年の場合

コンスタントに仕事をこなしていれば、月収30万円が硬くなってきている頃だと思います。2年目の場合は、常駐勤務も視野に入れてください。常駐勤務というのは、在宅ではなく、企業で働くフリーランスです。在宅仕事の実績次第では、月収40万円のフリーランス契約ができるかもしれません。

3年の場合

3年目にもなれば、高収入を目指したくなる頃だと思います。在宅でのフリーランスは、月収20万円から30万円が頭打ちになるため、常駐勤務をメインにした方がいいかもしれません。3年以上のキャリアで常駐勤務週5日だと、月収は40万円から50万円が平均になるでしょう。スキルによっては、60万円に手が伸びるかもしれません。

5年以上の場合

5年以上、PHPに携わっていれば、高いスキルが身についているはずです。そうなると、高案件の収入にありつける可能性が高まるので、月収は50万円から60万円が平均ではないでしょうか。人脈のあるフリーランスなら、年収1000万円も夢ではありません。年収が多い割に、実働時間は少なかったりするので、自由な働き方が手に入る頃です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?PHPは、習得が簡単ということもあり、需要はなさそうなイメージですが、そんなことはありません。もし、PHPだけで年収が上がらない場合は、その他のプログラミング言語も覚えましょう。そうすると、サクサク年収が上がりますよ。

関連記事

  • プログラマーとして15年ほど働いているんですが、近年、急激に感じることがあります。それは、「女性エンジニアが増えてきた」ということです。一昔前のエンジニア業界は、間違いなく男性社会でした。現在も、男性が多い業界であること […]

  • 海外で活躍するフリーランスのエンジニアって、かっこいいですよね。海外で働くためには、ハイスペックなエンジニア力が必要ですが、何もオールラウンドにこなせる必要はありません。PHPのスキルを主体に、フリーランス活動することは […]

  • フリーランスのPHPエンジニアになって、コンスタントに仕事するようになっとしても、なぜか収入が上がらないエンジニアが多いです。その理由は「単価が低いから」です。特に、駆け出しの頃は、「仕事を選んでいられない!」という思い […]

  • 在宅で働けるフリーランスエンジニアって、憧れますよね?生活スタイルの自由のがきくので、地方を転々と渡り歩きながら、働くこともできちゃいます。しかし、それはスキルの高いエンジニアだからこそできることです。果たして、PHPの […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。