TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

PHPエンジニアが海外で働くメリットとデメリット

PHPは、日本だけではなく世界中で需要のあるプログラミング言語です。したがって、海外での活躍も夢ではありません。そこで今回は、海外で働くことのメリットとデメリットをまとめてみました。


PHPエンジニアが海外で働くことのメリットとは?

私の周りにいるPHPエンジニアは、海外で働く決意をした人もいました。海外で働くようになると、次のようなメリットが得られるようです。

メリット1、給料が高い

PHPエンジニアに関わらずですが、エンジニア全体の給料は、日本よりも高いようです。もちろん、エンジニアのスキルや受け持つ仕事の大きさに左右されますが、これは魅力的ですね。人並みのエンジニアで、1.2倍ほどアップするようで、スキルがあるエンジニアなら2倍アップも夢ではないとか。

ただし、現地によっては、日本より物価が高いため、せっかくの高収入も、生活費で持っていかれることもあるようですから、無駄遣いは気をつけましょう。

メリット2、優秀な人材と切磋琢磨できる

「自国以外の国で活躍したい」と考えるPHPエンジニアは、日本以外にもいます。そのため、海外には、世界から優秀なエンジニアが集まるんです。そんな環境の中で仕事をすれば、切磋琢磨できるため、更なるスキルアップが望めます。日本は、世界から見てエンジニア不足と言われているため、周りのエンジニアに焦りを抱くことは少ないのです。

メリット3、日本の仕事を海外視線で見れる

日本のエンジニア事情と海外のエンジニア事情は、大きく異なります。プログラミングの作業自体は同じなのですが、契約や仕事に関する考え方が違うんです。海外は、きっちり「契約」で働くスタイルなので、残業は少ないのですが、日本はそこがなあなあになっているので、サービス残業も多いです。

このような文化の違いに触れると、「日本での今までの働き方は何だったんだろう?」と目が覚めた気持ちになるエンジニアも多いとか。しかし、これは「日本の働き方がダメ」という話ではなく、あくまでも文化の違いです。したがって、「PHPエンジニアは日本で働くな!」というわけではないので、あしからず。

PHPエンジニアが海外で働くことのデメリットとは?

落ち込む

海外での就業は、デメリットも存在しています。海外に行く前に、次のようなデメリットを理解しておけば、失敗が少なくなるはずです。

デメリット1、日本に帰ってきた時、海外経験が邪魔になる?

前述した通り、日本の働き方と海外の働き方は違います。だから、海外の働き方に慣れてしまうと、日本の働き方が億劫に感じるエンジニアもいるんです。また、転職する時に、面接官に良い印象を持たれない場合もあります

なぜなら、「また海外に行きたくなるのでは?」と思われてしまうからです。企業は、「なるべく長く働いてもらいたい」と思っていますね。ただ、海外経験のあるエンジニアを評価してくれる会社もありますから、そういう会社の門を叩けばいい話です。

デメリット2、治安や保険の心配

気持ちよく仕事をするためには、充実した生活が必要です。そこで心配なのが「治安」です。日本人は、盗難にあったり、犯罪に巻き込まれたりするので気をつけたいところ。

また、保険制度の有無も気をつけましょう。日本は、国民健康保険の制度があるので、怪我や病気をしても、多額の治療費を請求されることはありませんが、海外は保険制度が設けられていない国もあるので、「救急車に乗ったら、後で数十万円の請求をされた」というのは、よくある話なんです。

せっかく高収入の仕事に就いたとしても、ここでお金を持っていかれるようでは、頑張った甲斐がありませんから、海外生活する前に、保険に入っておくことをお勧めします。

海外にチャレンジする前に身につけておきたい概要

頑張るぞ

あらゆるエンジニアスキル

PHPのスキルだけではなく、JavaのスキルやRubyのスキル、その他のプログラミング言語のスキルは必須です。それにプラスして、オブジェクト指向のこと、アルゴリズム、etcのスキルも欲しいところ。このようなエンジニアスキルがないと、書類選考さえ通りません。ですから、キャリアの浅いエンジニアが、いきなり海外にチャレンジしようとしても、難しいと思います。

語学力

海外で働く以上、語学力は必須です。日常会話レベルの語学力ではなく、ビジネスの話題をこなせる語学力が求められます。語学力は、現地の生活で磨かれる側面もありますが、履歴書の作成や面接のインタビューをスラスラこなさなければならないため、日本にいる間にある程度身につけておきたいところです。したがって、海外を視野に入れているPHPエンジニアは、TOEICのスキルを磨いておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?海外での就業は、このようなメリットとデメリットがあるんです。海外で働きたいと思っているPHPエンジニアは、これらの概要を理解した上で、チャレンジを検討してみましょう。

関連記事

  • エンジニアとして働いていて、思ったことがあります。それは、「一言でエンジニアといっても、そのレベルは千差万別」ということです。

  • PHPはプログラミング言語の中では文法が覚えやすく、初心者にも取り組みやすいと言われています。しかし分かりやすくフレキシブルな言語なだけに他の言語との連携も多く、PHPの知識だけでは仕事が完結しないことがよくあります。W […]

  • フリーランスのPHPエンジニアになって、コンスタントに仕事するようになっとしても、なぜか収入が上がらないエンジニアが多いです。その理由は「単価が低いから」です。特に、駆け出しの頃は、「仕事を選んでいられない!」という思い […]

  • 現代の世の中は、溢れる情報社会の中で暮らしています。 ITの発達により直接生活に影響を与えることも多くなってきました。 そんな環境の中でエンジニアの需要も、これまで以上に高まってきています。 私自身フリーランスのシステム […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。