TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

PHPを使ったコーティング案件の仕事内容説明します

2018年現在、PHPで作られたWebサービスは、世界中で2億を超えると言われています。これって、相当な数ですよね!つまり、PHPはそれだけ需要があるプログラミング言語ということです。この流れは今後も増えると思われているため、フリーランスになっても、PHP案件に困ることはないでしょう。そこで今回は、私が受注したPHP案件の一例を紹介したいと思います。

フリーランス案件は「ギークスジョブ」で見つけてきました

私は、いくつかのエンジニア向けクラウドを使っています。今回見つけた仕事は、その中の一つ「ギークスジョブ」から見つけてきたものです。

自分で条件を検索して見つけた案件

この手のクラウドは、専任のコーディネーターが仕事を提案してくれることが多いです。私も、今まではそういった受注をしてきましたが、今回は自分で検索して見つけました。別に、コーディネーターに不満があったわけではなく、たまには自分で見つけてみたかったのです。私が見つけた仕事は、次のようなものでした。

受けた仕事は「ショッピングサイトのキャンペーン用のサイト制作」!その募集内容は?

パソコン

私が今回受注した仕事は、「某ショッピングサイトのキャンペーン用のサイト制作」です。基本的な設計はすでにできており、そこにプラスアルファでフェーズを加える感じでした。その詳しい募集内容は、次の通りです。

勤務日数

今回受注した仕事は常駐案件だったため、「勤務」する必要がありました。勤務日数は、週3日~です。サラリーマンでエンジニアをしていた頃に比べると、だいぶ余裕がありますね。ちなみに、トータルでの稼働時間は、150時間程度だったと記憶しています。常駐仕事としては、平均的な数字ではないでしょうか。

勤務時間

フリーランスとはいえ、常駐先に勤務する以上は、周りのスタッフと同じ時間で稼働します。そのため、勤務時間は9時~17時半です。フリーランスを目指している人は、「会社勤めから解放されたいのに、これじゃあ...」と、がっかりするかもしれませんね。しかし、常駐でフリーランスをするならこんなものです。どうしても、それが嫌な人は、在宅案件を探してください。現実は、在宅案件は少ないですけどね。

単価

今回受けた単価は、65万円でした。PHPのフリーランスエンジニアは、「一人前で単価80万円ぐらい」と言われてます。この当時の私は、フリーランスを始めて2年ぐらいだったため、満足な金額です。ちなみに、在宅案件で1単価60万円代はなかなか見当たりません。

最寄り駅

勤務の最寄り駅は、新宿です。もうちょっと具体的に言うと、西新宿の方ですね。西新宿周りは、結構たくさんのエンジニアが働いているので、フリーランス案件を見つけやすいエリアだと思います。

服装

服装は、完全に自由です。そのため、私服勤務の人もいれば、スーツの人もいます。私は、私服で勤務させてもらいました。ちなみに、常駐先によってはスーツ着用を義務付けていることもあるので、何時でも持ち出せるスーツを一着は持っておきたいところです。

プログラミング言語

プログラミング言語は、PHPがメインです。しかし、HTMLやCSS3、Photoshopなどのスキルも必要だったため、実際はいろんなツールを使いました。このように、プラスアルファの技術を使うことは珍しくありません。そのため、扱えると歓迎されます。だから、フリーランスで食べていきたいなら、いろんな環境に飛び込む想定をしておきましょう。

フレームワーク

今回の案件で使ったフレームワークは、Laravelでした。PHPで使うフレームワークといえば、CakePHPが主流ですが、最近はLaravelが増えてきたように思います。フレームワークは、時代に合ったトレンドもあるので、今後はCakePHPやLaravelに変わるフレームワークが主流になるかもしれません。そのため、いろんなフレームワークを使えるように、勉強しましょう。

・経験
今回のPHP案件では、基本設計やLAMP環境の経験者を求められていました。確か、それぞれを3年以上経験している人物を求めていたと思います。経験の有無は案件によって異なりますが、「未経験OK」というような案件はほぼありませんから、「独学で十分なプログラミング技術を学んでいます」みたいな人がいきなり飛び込むのは、厳しいかもしれません。多くのクライアントは、「会社勤めからフリーランスになった」エンジニアを求めているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?これが、私が受注したPHP案件の一例です。PHP案件はいろんなジャンルがありますし、働く環境によって求められるスキルも変わるため、これが全てではありません。しかし、これくらいの条件は、いくらでも転がっているので、「大体の相場」と捉えても、差し支えはないと思います。このレベルのお仕事が気になった方は、クラウド上で検索してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  • 私は現在40代のフリーランスエンジニアです。自営業者です。フリーランスとなって今年で8年目となります。現在は、いくつかの顧客からの依頼を受けマルチタスクで仕事をしております。 企業のシステム開発として常駐勤務しているメイ […]

  • 「PHPエンジニアは、求人が多い仕事だから稼げる」。こんな話をよく耳にします。確かに、PHPエンジニアを求めている職場は多いですし、PHPは凡庸性の高いプログラミング言語なので、稼げる可能性は高いです。 しかし、全てのP […]

  • プログラマー業界で、長年にわたって高い需要を誇っているPHP。初心者からベテランまで使っているプログラミング言語なのですが、どちらかと言うと「初心者向け」な印象は否めません。脱初心者のPHPエンジニアを目指すなら、フレー […]

  • チャットボットの仕組

    PHPエンジニアとして、会社の仕事を一通りこなせるようになると、フリーランスが頭をよぎると思います。だけど、エンジニアリングができるからと言って、フリーランスで食っていけるわけではありません。なぜなら、スケジュール管理、 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。