TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

プログラミング講師の経験談

フリーランスエンジニアといえば、Webサービスやアプリを作るイメージが強いですよね?もちろん、そのイメージは間違っていません。しかし、他にも面白い仕事があるのです。今回は、その中の一つ「プログラミング講師」を紹介します。

友人の紹介でありついた仕事

私のフリーランス仲間に、プランプログラミング講師を本業にしている人がいます。彼は、オンラインスクールをメインに運営しており、他にも企業向けにプログラミングをレクチャーするなど、手広く働いています。その友人から、「事業拡大のため、講師を手伝ってくれないか?」と相談を受けたのです。

当時の私は、フリーランスに慣れてきて時間が作れるようになったため、引き受けることにしたのです。

プログラミング講師の仕事内容とは?

パソコンと女性

ここからは、私が受けたプログラミング講師の仕事内容に触れていきたいと思います。

オンラインのみ

私が引き受けたのは、オンラインのみのマンツーマンレクチャーです。オンラインは、生徒も講師も自宅で取り組めるので、双方に「移動時間かからない」というメリットがあります。生徒は、大学生、社会人、主婦が中心で、20代が多かったです。どの生徒さんも、将来フリーランスになることを目指していました。

人に教えられる知識は必須

私は、中級者向けの講師を任せられました。そのため、十分な知識は必須です。スクールによっては、資格保有者を求めていたり(資格は必ずしも必要なし)、就業カリキュラムを課している場合もあるので、事前に問い合わせてください。ちなみに、私の場合は友人からの直談判ということもあり、就業カリキュラムなどはありませんでした。

報酬は一件5000円

私が引き受けた案件は、一件5000円の報酬でした。1回にかかる時間は、1時間から2時間といったところです。他のスクールでも、大体これくらいだと思います。

時間の都合が取れる講師じゃないとNG

生徒さんは、学校や仕事の合間を縫ってプログラミングを学びたがっています。そのため、授業は日時が決められているのです。だから、時間の自由がきかないフリーランスは、就業できません。私は、相談を受けた当時、在宅案件が多い時期だったため、引き受けられました。しかし、常駐案件をメインに受注するようになってからは、断るようになりました。

生徒のための予習復習も必須

プログラミング講師は、授業以外にも仕事があります。その代表例が「生徒のための予習復習」です。生徒のレベルアップに合わせて、カリキュラムを変更しなければなりませんし、フィードバックや雑談も重要になります。この時間は、無給になることがほとんどです。それを考えると、一件あたり5000円という報酬は、割に合わないかもしれません。

PHP以外のスキルも求められた

生徒さんは、PHPに限らず、様々な言語を学びたがっています。そのため、いろんな言語を扱えるエンジニアが重宝されます。私は、PHP以外にRubyやPythonなども扱えるので、歓迎されたのです。ちなみに、「PHPしか扱えません」というエンジニアでも、そのスキルが飛び抜けていれば就業できるので、ご心配なく。この辺りは、就業したいプログラミングスクールに問い合わせてみましょう。

プログラミング講師に就くためには?

はてな

前述しているように、私は友人の紹介でプログラミング講師に着いたわけですが、一般のエンジニアがプログラミング講師になるためにはどうしたらよいのか?を説明しおきましょう。

プログラミングスクールに応募する

ほとんどのプログラミングスクールが、講師を募集しているため、そこに問い合わせるのが近道です。

クラウドソーシングで探す

「クラウドワークス」「ランサーズ」と言ったクラウドソーシングで検索をかければ、プログラミング講師の案件が出てきます。しかし、検索件数はさほど多くはありません。

「レバテックフリーランス」などを活用する

「レバテックフリーランス」「ギークスジョブ」のようなエンジニアサイトを使って、探す方法もあります。ただ、これらのサイトは「開発案件」が中心なので、講師の募集は少ないです。しかし、サイトのコーディネーターに相談しておけば、それに見合った仕事を探してくれるかもしれません。

まとめ

今回は、私がプログラミングスクールの仕事をした時の話を綴ってみたのですが、いかがでしたでしょうか?近年は、小学校でのプログラミング授業が必須になった背景もあり、プログラミングスクールの需要は確実に増えています。

今は片手間で講師をしているエンジニアも、本業になる可能性があるので、本気で考えてみてはいかがでしょうか?腕の良い講師を揃えることができれば、スクールの代表は「経営者」として携わることもできます。そうすれば、スクールの収入は不労収入となり、自分の好きなプログラミング開発に時間を使えるかもしれません。

関連記事

  • CVへの効果

    Webアプリケーションを開発するうえで、欠かせないプログラミング言語の「PHP」。フリーランスになってからも、バリバリ活躍してくれる、プログラミング言語です。私もよく利用しています。そこで今回は、「私が、PHPを使って、 […]

  • プログラマーとして15年ほど働いているんですが、近年、急激に感じることがあります。それは、「女性エンジニアが増えてきた」ということです。一昔前のエンジニア業界は、間違いなく男性社会でした。現在も、男性が多い業界であること […]

  • Python、Java、C+、Ruby、Swiftなど、PHPよりスキルの高いプログラミング言語は、たくさんあります。したがって、これからPHPでフリーランスになろうと思っているエンジニアは、「今後どこまでPHPフリーラ […]

  • フリーランスになりたてのエンジニアが、一番最初に抱える悩みは、「仕事を確保できるのか?」だと思います。私も、フリーランスになって2年目ぐらいまでは、そのような悩みと戦っていました。そこで私は、エンジニア向けのエージェント […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。