TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

フリーランスエンジニアのキャリアアップについて

会社に勤めているエンジニアは、会社が用意するサポートを受けて、キャリアアップすることができます。しかし、フリーランスになったエンジニアは、そういうわけにはいきません。「私は、PHPだけで稼げれば十分」と思うフリーランスもいるかもしれませんが、どうせだったら、キャリアアップを目指してみませんか?

キャリアアップできれば、年収が上がるだけではなく、案件受注の幅も広がるため、仕事が楽しくなりますよ。そこで今回は、フリーランスエンジニアのキャリアアップの仕方に、迫ってみたいと思います。

フリーランスエンジニアのキャリアアップの仕方

フリーランスでキャリアアップを目指したい人は、次のようなやり方を試してみてはいかがでしょうか?

最新情報にアンテナを張る

フリーランスにかかわらずですが、エンジニアとして大切なことは「最新情報を得ること」です。フリーランスになると、エンジニア仲間から情報を得ることが難しくなるので、雑誌を定期購読したり、セミナーに参加するなどして、常にアンテナを張っておきましょう。

それにプラスしてTwitterやインスタグラムといった、SNSを利用するのもおすすめです。Twitterの発信は、今や「どの媒体よりも情報速度が速い」と言われています。したがって、暇つぶし程度に目を通しているだけでも勉強になります。ITに関わっている以上を、Twitterをやっていないエンジニアはいないと思いますが、万が一Twitterをやっていないのであれば、今すぐ始めてください!

新しいプログラミング言語を覚える

今はPHPをメインに仕事していたとしても、キャリアアップするためには、他のプログラミング言語も使えなければなりません。したがって、Java、Ruby、C+といった、定番のプログラミング言語も覚えておきましょう。海外で流行っているプログラミング言語と、日本で流行っているプログラミング言語には差があるため、将来、海外に進出したいエンジニアは、その辺りも意識すると良いでしょう。

時代はAI!是非Pythonの勉強を

今後のキャリアアップは、AIに精通していないと厳しいと思います。PHPでは、AIのプログラミングはできません。したがって、Pythonを覚えてください。Pythonは、比較的シンプルなソースコードなので、覚えるのにそこまで時間はかからないはずです。

英語を学習する

キャリアアップするためには、英語力は確実に必要です。なぜなら、最新情報は英語で書かれていることが多いからです。それに、キャリアアップを視野に入れた働き方をするとなれば、外国人のエンジニアと関わるケースも増えます。その時に、ナチュラルにコミュニケーションをとれるように語学の勉強はしておいた方が良いです。

キャリアアップのための転職

キャリアアップの学習をするために、あえて会社員に転職するフリーランスエンジニアもいます。会社に属すれば、エンジニアとの輪も広がりますし、ベテランエンジニアのスキルを目の前で学べるので、環境的にはグッドです。ただ、フリーランスでしっかり稼いでいたエンジニアは、収入が落ちる可能性があります。したがって、収入を妥協しない転職も心がけたいところです。

エンジニア向けの資格を取得する

ビジネスマン

エンジニア向けの資格は、たくさんあります。その中で、キャリアアップに有利なのは、国家資格です。

おすすめの国家資格は?

具体的には、「システムアーキテクト」や「プロジェクトマネージャー」の資格を目指しましょう。これらの資格を取れば、プロジェクトの企画などに関われるようになります。

おすすめのベンダー資格は?

キャリアアップには、ベンダー資格の取得もおすすめです。おすすめのベンダー資格は、「JavaSE認定資格」や「OracleMaster」などです。これらの資格で、ゴールドを取得できれば、キャリアアップに有利になります。

クラウドサービスに相談してみる

相談

フリーランスエンジニアの多くは、クラウドサービスを利用していることと思います。ほとんどのクラウドサービスは、コンサルティングがいるので、キャリアアップの相談をしてみてください。そうすると、あなたのキャリアに合わせた仕事を紹介してくれます。

また、それに見合ったアドバイスもしてくれるでしょう。一人でキャリアアップを悩むより、こうして相談した方が、メンタル的にも安心できるので、おすすめです。相談料金もかかりませんから、積極的に活用してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、フリーランスエンジニアのキャリアアップに迫ってみました。フリーランスは、長く働ける仕事ではありますが、ある程度歳を重ねると、体力に限界が来て、ドロップアウトするエンジニアもいます。その時に、キャリアアップの準備ができていれば、別のポジションにつける可能性もあるのです。そうすれば、年収も上がりつつ、長くIT業界に関わることができます。

関連記事

  • プログラマー業界で、長年にわたって高い需要を誇っているPHP。初心者からベテランまで使っているプログラミング言語なのですが、どちらかと言うと「初心者向け」な印象は否めません。脱初心者のPHPエンジニアを目指すなら、フレー […]

  • PHPプログラマーは多方面で求められている人材です。PHPプログラマーとしてできることは大変幅広いですが、PHPはJavaプログラマーなどであっても身につけたおきたいスキルです。この記事では実際にPHPを用いて仕事をした […]

  • PHPエンジニアとしての経験を最近のトレンドも踏まえて、仕事の内容・環境・感想の観点からまとめました。 PHPエンジニアを目指す方にとって少しでもご参考になればと思います。

  • フリーランスのエンジニアも、積極的に活用しているプログラミング言語の「PHP」。1995年に生み出されたプログラミング言語なので、少々古臭い印象が否めませんが、まだまだ現役で活躍しているプログラミング言語です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。