TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

本当にフリーランスのPHPエンジニアになって大丈夫 ?フリーランスはデメリットがいっぱいだ!

フリーランスのPHPエンジニアになることに夢いっぱいの人達も多いと思いますが、夢や希望だけを持ってフリーランスになるのは危険です。それよりも、現実を知ってから、フリーランスになる覚悟を持ってください。そこで今回はフリーランスにつきものなデメリットをまとめてみました。

デメリット1、不安定な収入

フリーランスエンジニアは稼げる!というメリットをよく耳にしますよね?確かに、年収1000万円を手にしているフリーランスは存在します。PHPだけで1000万円を超えるのは至難の技ですが、スキルがあれば600万円から800万円の年収は、不可能ではありません。

しかし、フリーランスになって収入が安定するエンジニアは、あまりいないのが実情です。早くから収入が安定するフリーランスは、会社員時代によほどのキャリアを構築しているか、たまたま高収入の案件に恵まれているのだと思います。

会社員時代の半分の収入になることも

大抵のエンジニアは、フリーランスになった途端に、収入が半分ぐらいになるものです。いきなり仕事に恵まれるほど甘いものではないので、ここを覚悟しておかないと、「こんなはずではなかった、、、」ということになりかねません。

クライアントが倒産してしまったという悲劇も

「仕事をしていないから収入が減った」というのは当たり前のことですが、それ以外のケースもあります。例えば、「クライアントが倒産してしまった」というケースです。倒産してしまったクライアントが収入のメインになっていた場合は、大変!しかも、「納品した仕事の報酬が支払われなかった」なんていう場合もあるのです。

所帯持ちは慎重に

独身のエンジニアなら、収入が安定しなくても生活していくことは、不可能じゃないかもしれません。しかし、所帯持ちは、そういうわけにはいかないでしょう。実際、思うように稼げなくて、会社員に戻るフリーランスは多いのです。

デメリット2、ローン審査に落ちやすくなる

落ち込む男性

どんな職種にしても、フリーランスは社会的信用が得られにくいため、ローン審査に落ちやすくなります。ですから、クレジットカード作成、自動車購入、マンション購入、などは注意が必要です。また、不安定な収入を理由に、引っ越しの審査に落ちる場合もあります。だから、フリーランスで信頼を勝ち取るには、会社員を上回る収入が必要不可欠です。

デメリット3、確定申告がとにかく面倒

うんざりする男性

私がフリーランスになった時に、一番面倒だなと思ったのが、確定申告です。先輩のフリーランスエンジニアから噂には聞いていましたが、ここまで面倒くさいものだとは思いませんでした。

お金の管理が大変

確定申告書を出すためには、日頃のお金の管理を記録しておかなければいけません。これがとにかく大変なんです!請求書を作成したり、経費で使ったレシートや領収書をノートにまとめたり、etc。会社員時代は、これらの作業を会社がやってくれていたので、「サラリーマンってある意味楽なんだなあ」としみじみ思ったものです。

税金の支払いを考えると自由にお金が使えない

確定申告で厄介なのは、「その年に発生した税金を翌年に支払う」ことです。ですから、税金の支払いを計算して、お金を使わなければなりません。そのため、稼いでいても贅沢ができるとは限らないのです。フリーランスになって1年目の時、私はこのことが頭になかったので、入ってきたお金を自由に使っていました。だから、その後が大変だった、、、。

エンジニア情報が入ってこない

うんざりする女性

エンジニア業界のトレンドは、頻繁に移り変わります。そのため、エンジニア同士の情報の交換が必要なのですが、フリーランスになるとエンジニア同士の関係が希薄になるので、トレンドが入りにくくなるのです。

近年は人工知能がトレンド

特に近年は、人工知能がトレンドになっているため、PHPエンジニアも無視できないものになってきました。人工知能の最新トレンドは、業界の真ん中にいないとつかめないため、「入手したトレンドは鮮度が落ちているものだった」ということはよくあります。

SNSを活用しよう

孤独なフリーランスこそ、SNSを活用してください。世界中のエンジニアと繋がれるので、外に出て輪を広げなくても大丈夫です。ですから、英語ができた方が有利かもしれません。海外からの情報の方が、鮮度が良いです。

デメリット5、仕事が偏る

悩む女性

フリーランスは、自由に仕事を選べるイメージがありますが、複数のクライアントとパイプを持つのは時間がかかるため、特定のクライアントから同じような仕事を振られることが多いのです。

技術の進歩が遅れる可能性がある

PHPだけで食っていく覚悟をしていたとしても、おそらく、難しくなるでしょう。コンスタントに収入を得るためには、PHP以外のスキルも必要です。ですから、フリーランスこそ、いろんな仕事をして、新たなスキルを磨く必要があります。

関連記事

  • 海外で活躍するフリーランスのエンジニアって、かっこいいですよね。海外で働くためには、ハイスペックなエンジニア力が必要ですが、何もオールラウンドにこなせる必要はありません。PHPのスキルを主体に、フリーランス活動することは […]

  • 私はフリーランスのシステムエンジニアとして活動しております。 フリーランスとなってから8年目となります。 それ以前は、会社員として三社、過去にも数ヵ月フリーの時期もありました。 私は現在、企業向けのシステム開発や、その他 […]

  • 数多くあるプログラミング言語の中で、PHPだけ覚えておけば、最低限、エンジニアの仕事に就くことができます。もちろん、それは職場によって違いはありますが、、、。そこで今回は、私の経験を踏まえて、PHPエンジニアのなり方や職 […]

  • 在宅で働けるフリーランスエンジニアって、憧れますよね?生活スタイルの自由のがきくので、地方を転々と渡り歩きながら、働くこともできちゃいます。しかし、それはスキルの高いエンジニアだからこそできることです。果たして、PHPの […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。