TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

PHPエンジニアのなり方や職場待遇

数多くあるプログラミング言語の中で、PHPだけ覚えておけば、最低限、エンジニアの仕事に就くことができます。もちろん、それは職場によって違いはありますが、、、。そこで今回は、私の経験を踏まえて、PHPエンジニアのなり方や職場待遇に触れていきたいと思います。

◎覚えやすいPHP
プログラミング言語は、簡単に覚えられるものではありません。しかし200以上あると言われているプログラミング言語の難易度は様々。その中で、PHPは覚えやすいプログラミング言語でふ。だから、初心者の第一歩としておすすめされています。

・PHPでできることとは?
PHPを覚えると、次のようなことができるようになります。
「データベースの連携が取れるようになる」
「Webアプリケーションの開発が出来る」
「HTMLと混在して書き込める」
「WordPressをカスタマイズできる」
etc。
これらのような概要は、エンジニアを募集している職場では最低限求められるスキルです。

・PHPで作り出せるサービスとは?
エンジニアを抱えている多くの企業は、Web上の様々なサービスを展開してます。PHPで作り出せるサービスは、次のようなものです。

「ショッピングサイト」
「メールフォーム」
「アクセスカウンター」
「ブログ」
「RSSリーダー」
「掲示板」
etc。

これらのようなサービスって、日頃から私たちが使っているものばかりですよね?こういったサービスがないと、現代の日常は成り立たないと言っても過言ではありません。だから、PHPの技術は、私たちの身近なところで、知らず知らずのうちに活躍しているのです。

◎PHPエンジニアの職場環境について
PHPエンジニアが働く職場環境は、企業によって様々。なので、一概には言えないのですが、相場としての例を挙げてみたいと思います。

・一人一台パソコンが支給される
多くの職場では、エンジニア一人に対して、一台のパソコンが支給されます。デスクトップの場合もあれば、モバイルパソコンの場合もあるので、自宅に持ち帰って勉強したり、仕事の続きをすることが可能です。また、エンジニア一人につき、レンタルサーバーが割り当てられることもあります。

・枠を超えて活躍するエンジニアが多い
前述したように、様々なWeb上のサービスを作るのが、主な仕事です。しかし、エンジニアとしてのスキルが身につくと、その枠を超えて活躍するエンジニアも増えてきます。例えば、
「企画の立ち上げ」
「プロデュース」
「ディレクション」
「資金巡り」
「営業」
etc。
そのため、一言でエンジニアといっても、やっている仕事内容は人それぞれし。この辺りは、その会社の中で培ったキャリアに左右されますし、ヘッドハンティングされて任されたり、様々なケースが考えられます。

・雇用形態について
雇用形態は、正社員か契約社員が一般的で、アルバイトで募集している企業は少ない傾向です(もちろんその限りではありませんが)。正社員の場合は、固定給での支給になっていて、契約社員の場合は、時給制が普通です。ただ、エンジニアとしてのスキルが上がると、独立して稼ぐ人も出てきます。そうすると、会社の雇用に縛られない働き方ができるため、地方を転々としながら働く、自由な稼ぎ方も可能になります。会社の保証がないのはデメリットではありますが、スキルに自信がある人は、会社員時代を上回る稼ぎが見込めるのです。

◎PHPの覚え方について
おそらく、エンジニア業界では「未経験大歓迎」という企業は少ないはずです。だから、就職を希望する前に、ある程度PHPのスキルを身につけておかなければなりません。しかし、途中で挫折してしまう人が多いんです。プログラミング言語の勉強は、時間の確保と月日の確保が必要不可欠な上に、決して簡単ではないからです。そこでここからは、初心者からでもできる、プログラム言語の学習法を教えましょう。

・学習サイトを利用する
ネット上には、プログラミングを学べる学習サイトというのが存在しています。これは、動画で教えてくれるという便利なもの。プログラムは、「打ち込んでいる時の雰囲気」を掴むのも大切なので、このような学習サイトが重宝されています。

・書籍学習
学習サイトが便利とはいっても、書籍の勉強はやはり欠かせません。書籍を一つカバンに入れておけば、通勤や通学の時間で勉強できるので、隙間時間を有効活用できます。書籍は、紙媒体で購入しても良いですし、デジタルで購入してもOKです。口コミなどもチェックして、自分に合いそうなものを購入してみましょう。

・スクール
プログラミング学習に特化したスクールがあるので、それを活用するのも一つの手です。人と直接言葉を交わして教えてもらうと、スキルアップのスピードが速くなります。個人スクールを使っても良いですし、専門学校を使っても良いでしょう。

◎まとめ
PHPの技術を身につければ、異業種からの転職も夢ではありません。今後の人生を豊かにして行きたい人は、大人になってからでもプログラミングを学んでみてはいかがでしょう。

関連記事

  • PHPの案件をスムーズにこなすためには、フレームワークの活用が必要不可欠です。フレームワークは、案件によって固定されていることがあります。そのため、どんなフレームワークを使ってもいいわけではありません。そこで今回は、PH […]

  • フリーランスのPHPエンジニアになって、コンスタントに仕事するようになっとしても、なぜか収入が上がらないエンジニアが多いです。その理由は「単価が低いから」です。特に、駆け出しの頃は、「仕事を選んでいられない!」という思い […]

  • パソコン

    ホームページの作成は今は素人でもソフトを使用すれば簡単にできてしまう時代です。 そのような時代の中で、プロのエンジニアがプロの仕事と感じてもらえるだけの技を見せるには、それなりに勉強しなければいけません。 ましてやホーム […]

  • PHPは、日本だけではなく世界中で需要のあるプログラミング言語です。したがって、海外での活躍も夢ではありません。そこで今回は、海外で働くことのメリットとデメリットをまとめてみました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。