TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

PHPエンジニアはRubyエンジニアに移行する?

PHPエンジニアを募集している企業にはどんなものがあるのか?また、就職した後の年収の話や転職の話、フリーランスのことなど。私が感じた実態を述べてみたいと思います。

◎PHPエンジニアを募集している企業とは?
PHPエンジニアを募集している企業は、Web系のシステムを発信している企業に多かったです。しかし、近年ではインターネットゲームを発信している企業でも、PHPエンジニアを求人するようになりました。インターネット業界は、毎年のように新しいアイデアが発信されています。だから、今後、新しいジャンルでのPHPエンジニアの活躍が期待できるかもしれません。もしかしたら、必ずしもIT業界ではないかも?

◎PHPエンジニアはRubyエンジニアに転職する傾向が強い?
PHPエンジニアで仕事をすると、次第に年収に不満を感じるエンジニアが増えてきます。スキルが上がると、「昇給アップしてほしい」と感じるのは当然ですからね。しかし、だからといって収入は上がりません。そこで、年収アップを狙う方法に、「他のプログラミング言語を覚える」方法があります。実際、私が勤めていた職場では、PHPエンジニア一本で収入アップする例はほとんどなく、他のプログラミング言語を覚えることで、収入アップを狙う人が多かったです。そこで、Rubyを覚える人が多かったです。

・PHPエンジニアとルビーエンジニアの収入の差は?
PHPエンジニアの平均年収は、年齢やキャリアて変わるから、一概には言えませんが、300万円~500万円ぐらいと言われています。その一方で、Rubyエンジニアの平均年収は、600万円~700万円と言われているんです。シニアレベルになると、1000万円を超えるエンジニアもいます。PHPエンジニアでも、1000万円を超えるシニアはいるんですが、1000万円に到達するのは、Rubyエンジニアの方が早いようです。

◎PHPエンジニアのフリーランスとして活躍するのもひとつの方法

エンジニアは、常に向上心が求められます。この向上心がない人間は、会社の中でエンジニアとして生き続けるのは難しいでしょう。しかし、「PHP以外のプログラミング言語を覚えるのは面倒」という、めんどくさがり屋がいるのも事実です。そんなエンジニアは、フリーランスになる場合があります。実際、私の周りでもPHPでフリーランスになっているエンジニアはちらほらいて、会社員時代より稼いでいる人がいました。

・PHPエンジニアとして仕事を取る方法とは?
フリーランスは魅力的ではありますが、死活問題なのが、「どうやって仕事を獲得し続けるのか?」ということです。営業などをしながらプログラミングするのは、骨が折れる作業なので、手伝ってくれる人間がいないと長続きしません。そこでフリーのエンジニアがこぞって使っているのが「クラウドソーシング」です。

・クラウドソーシングなら家にいながら仕事が取れる
クラウドソーシングは、ランサーズとかクラウドワークスが有名です。エンジニアに限らず、いろんなジャンルの仕事が掲載されています。PHPに焦点を絞ったプロジェクトを覗いてみると、単発のお仕事から、長期継続の依頼まで、色々掲載されているのが分かります。それらの仕事に、エンジニア自ら応募して、費用などの交渉をしながら、仕事を獲得していくのです。クラウドソーシングの利用料金はゼロ円なので、営業にかかる交通費などは皆無!家にいながら、仕事を獲得できるのはメリットだと言えます。

・クラウドソーシングで募集されている値段は?
クラウドソーシングで募集されているPHP案件の値段は、単発の案件なら1万円から5万円程度で、長期継続の案件なら30万円から70万円程度となっています。

・PHP以外のスキルもあると有利
このように見てみると、値段はかなり幅広いのが分かります。これは、PHPエンジニアに求められる仕事内容に幅があるからです。例えば、「PHPにプラスしてデータベースの知識も求められている」案件なども目立ちます。ですから、PHP以外のスキルも兼ね備えているエンジニアは、サイト立ち上げの0から10まで任せてもらえる場合もあり、その場合は、当然、値段が高くなるというわけです。良い仕事を提供すれば、新規の案件を継続的に受注することができます。だから、「フリーランスになってPHPで稼ぐぞ!」と意気込んでいても、結局のところ、PHP以外の勉強は必要不可欠と言えるでしょう。

◎まとめ
いかがでしたでしょうか?今回は、PHPエンジニアの転職やフリーランスの話を中心にお届けしてみました。PHPに限らず、エンジニアはこれからも需要のある仕事なので、就職に困ることは少ないと思います。ただし、会社勤めをしていると、年収に上限があるのも事実。となると、フリーランスは魅力的ではありますが、いつ仕事がなくなるかわからないので、不安もつきものです。今後、エンジニアになりたい人、あるいは転職を考えている人は、自分の性格やスキル、将来のビジョンを明確にした上で、検討してみてください。

関連記事

  • 私はフリーランスのシステム開発エンジニアとして営業しております。 これまでエンジニアとして数多くの開発案件に関わって参りました。 システムエンジニアとしてのキャリアは、20年超となりフリーランスとなってからは、8年目とな […]

  • PHPはプログラミング言語の中では文法が覚えやすく、初心者にも取り組みやすいと言われています。しかし分かりやすくフレキシブルな言語なだけに他の言語との連携も多く、PHPの知識だけでは仕事が完結しないことがよくあります。W […]

  • HPエンジニアとして働きたいけれどもその仕事の実態がわからないと感じている人は多いものです。PHPエンジニアの仕事は他のIT関係職に比べて目立ちにくいこともその原因でしょう。ここではそんなPHPエンジニアの仕事内容などに […]

  • ウェブサイト、アプリ、ソーシャルゲームetc。これらの開発は、企業のエンジニアが取り組んでいるイメージがありますよね?しかし、フリーランス案件も多数あるのです。そこで今回は、そんな案件の中から、ソーシャルゲームを開発した […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。