お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

SEOで1位になるコンテンツ制作の方法。上がる理由がそこにはある。

1位になるためのコンテンツ作成をするには、どうすればいいのか?

 

この質問をすると、あいまいな答えが返ってきます。

  • 良いコンテンツを作れば、上がる。
  • 情報を網羅したコンテンツを作れば、上がる。
  • 愛さえあれば、上がる。笑

そういったあいまいな答えが、コンテンツを作る人、納品される人、読まれる人、すべてを混乱させているのではないでしょうか。

わたしたちで月間数百本以上のWEBコンテンツを作り出している中で、ライターとしてのレベルというところは関係なく、あがるコンテンツというのは作れます。

確かに1位になるコンテンツというのは、その1記事だけでなく、サイト全体を評価されて上がっている可能性も高く、いくらやっても上がらないこともあるでしょう。

しかし20位以内にも入らないコンテンツ、まして100位以内に入らないようなコンテンツを生みだしているのに、「愛」といわれても「自己愛」なんではないかと感じてしまいます。

そしてGoogleが中心なのか、ユーザーが中心なのかということも、無駄な会話なのではないかと感じてしまいます。

今回は、1位になるようにつくるコンテンツというのを、まず考え方からスタートして、実際の書き方の手順を分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

1位になるSEOコンテンツのメリット・集客との関係

コンテンツSEOという言葉が広がり、記事と集客の関係はさまざまなところで取り上げられています。

そのなかで、特定のキーワードで1位になるコンテンツを作ることを目指すメリットというのは、どういうことでしょうか?

そこには検索結果のクリック率と、SEO自体の集客効果にあります。

クリック率は、検索したユーザーが順位に対してどれだけの割合でクリックするかという率を表します。

これはキーワードごとにも異なりますが、1位で約30%以上というデータもあります。

つまり、10位で1%程度と考えると、月間1000回の検索があるワードでの10位表示よりも、月間100回程度でのキーワードでの1位表示を目指したほうが集客効果は高いといえます。

 

そしてSEOにおいては、他の広告手法と異なり、CPCという概念が存在しません。

CPCは、ClickPerCostの略で、一回クリックされることでいくら費用がかかるのかということです。

SEOではクリックされるたびに、課金されるわけではないので、より多くのユーザーに見てもらえることでのデメリットというとは存在しません。

だからこそ、SEOコンテンツは1位になるように作成することが大切になります。

1位になるコンテンツには、理由があるということ。

1位になるコンテンツには、しっかりとした上位表示されている理由があります。

しかし言語化できないWeb担当者や、1サイトだけで結果を出せていると感じているマーケッターなどは、その自分の考え方が正しいと感じて「思い」や「気持ち」という抽象的な言葉に載せて発信します。

Googleの検索順位を決めているのは、基本的にはロボットです。そこには「思い」や「気持ち」という概念はありません。

しかしユーザーの検索結果での動きを見ながら、正しい検索結果がでるようにアルゴリズム[検索結果上のルール]を変化させているのです。

 

ここで理解できる方は、理解できると思いますが、Googleのロボットによる結果を無視することは、検索しているユーザーを無視していることと、あまり変わりがないのです。

それなのに、Googleはロボットが見ているから私のコンテンツが評価されないんだと切り捨てて、「自分のコンテンツ」という「自己愛」を表現してもしょうがないと私は感じてしまいます。

ただそのコンテンツがユーザーと求めているコンテンツとずれているから、上がらないんです。

そしてそれは、昔からある出版業界であっても変わらないでしょう。売れなそうな本は、陳列棚の隅か平置きはされないでしょう。

 

そしてコンテンツや文章というのは、視覚という感覚や、いままで読み慣れてきた文章によって、読みやすい・読みにくいというのもあります。

また言葉遣いも、人によって全く異なるのは生活していても理解できること。

なぜか、同じこと言いたいのに噛み合わないな。と感じることはあるでしょう。

そのためコンテンツ制作を中途半端に手を出すと、生産性が合わないから撤退という事業主も多いのが実情です。

それこそ「愛」がない……

だからこそ、「良いコンテンツ」「悪いコンテンツ」というのを感覚的に話すのはNGな行為だと私は感じてしまいます。

しっかりとしたコンテンツ内容とボリューム構成に対する理由を、上がっているサイトを軸にして会話するべきだと私は思います。

それでは、私が1位になる・1ページ目にいれるためのコンテンツを作成するときの手順をまとめていきます。

1位になるためのコンテンツは、キーワードチェックからスタート

もっとも大切なのは、キーワードに対するチェックです。

まず上げたいキーワードを決めてください。とお伝えすると、誰でも思い浮かぶようなキーワードを上げる方がいます。

もちろんそういったキーワードも、しっかりと継続的にコンテンツ作成をしていけば上位表示は可能です。

しかしそれだけ競合他社も狙いに行くことが多いため、競合に勝てるようにコンテンツを作らなければいけません。

その時にまず調べるのが、上位表示しているページのインデックス数と関連インデックス数を私は調べます。

インデックス数とは、そのサイトが持っているページ数のうちGoogleが認識している全体を指します。

つまり大きなサイトや有名サイトが上位表示ばかりしているキーワードというのはそれだけ継続して努力する必要があるからです。

調べ方は、いつものようにGoogleの検索ボックスに「site:〇〇.com」上がっているサイト上位10個を調べます。

 

それではそういったキーワードは上がらないのかというと、そうではありません。

その次に調べるのは、関連インデックス数です。

これは、決めたキーワードに関する情報がどれだけ上がっているサイトにあるのかを調べるためのものです。

私はこれを調べることで、どれだけ専門性やページ数として用意しなければいけないのをチェックします。

ボリュームが沢山あっても、その関連するページがほとんどなくても上がっている場合は、その関連するページ数で超えることで上位表示する可能性があるからです。

この調べ方は、「キーワード site:〇〇.com」で調べます。

 

例えばこのコンテンツは「1位 コンテンツ 作成方法」をターゲットにしつつ、「SEO コンテンツ作成」などを狙えればいいなと思いながら作っています。

1位 コンテンツ 作成方法のインデックス結果

見ていくと、インデックス数は、おおいものがありますが、関連ページ数はほぼ0です。

つまり1位になることを目的としたコンテンツ作成方法を書いた記事というのは、無いという判断ができます。

このタイミングでタイトルもチェックします。

タイトルを見ていくとキーワードを構成する「1位」「コンテンツ」「作成」「方法」が入った記事というのが見当たりません。

タイトルはコンテンツSEOのなかでも要素として強く、ここがないということは上がりやすいということが考えられます。

検索順位 タイトル URL インデックス数 関連ページ数
(あなた)WEBマーケティング担当・サイト担当者代行のマーケティングサポーターズ | ウェブマーケティングをサイト制作から集客まで支援する https://marketing-supporters.com/ 97 0
1 簡単にできる!無料ツールを使った動画コンテンツの作成方法とコツ https://digital-marketing.jp/contentmarketing/how-to-create-movie-contents/ 631 0
2 人の心を動かすコンテンツの作り方。反響ゼロのサイトが意識し … https://webtan.impress.co.jp/e/2015/02/18/19272 65800 0
3 誰も語らなかったWebコンテンツ作成技法 コーナーの記事一覧 … https://webtan.impress.co.jp/l/8941 65800 0
4 SEOコンテンツの作り方 – バズ部 https://bazubu.com/how-to-create-a-good-content-17943.html 732 0
5 Webコンテンツとは?  作成の基本と企業ホームページへのメリット … https://ds-b.jp/ds/publics/index/254/ 3570 0
6 コンテンツSEOとは? メリットと手順をマーケティング初心者向けに … https://ds-b.jp/ds/publics/index/282/ 3570 0
7 Webコンテンツとは~ホームページの中身を充実させるための5 … https://seolaboratory.jp/62219/ 446 0
8 Googleで検索上位にする方法について|SEOラボ https://seolaboratory.jp/25051/ 447 0
9 SEO(検索エンジン最適化)とは? 概念から対策方法のまとめ … https://innova-jp.com/article147/ 2340 0
10 コンテンツSEO対策 | 大阪のバリューエージェント https://valueagent.co.jp/seo/contents 365 0
1-10位の中央値 1536 0
11-20位の中央値 333 0
21-30位の中央値 342 0

SEO コンテンツ作成

こちらも見ていくと、関連ページ数はほぼ0です。

そしてタイトルを見ていくと、「SEO」「コンテンツ」「作成」というのがすべて入っているものはほとんどありません。

しかし「作り方」という「作成」に似た単語が入っているものが確認できるため、念のため「SEO コンテンツ 作り方」もチェックしておきます。

検索順位 タイトル URL インデックス数 関連ページ数 キーワードテーマ
(あなた)WEBマーケティング担当・サイト担当者代行のマーケティングサポーターズ | ウェブマーケティングをサイト制作から集客まで支援する https://marketing-supporters.com/ 97 0 0%
1 SEOコンテンツの作り方 – バズ部 https://bazubu.com/how-to-create-a-good-content-17943.html 732 0 0%
2 良質なSEOコンテンツの作り方|初心者も簡単にアクセス数を増加 … https://ds-b.jp/ds/publics/index/285/ 3570 0 0%
3 コンテンツSEOとは? メリットと手順をマーケティング初心者向けに … https://ds-b.jp/ds/publics/index/282/ 3570 0 0%
4 コンテンツSEOとは何か?わかりやすく解説!|SEOラボ https://seolaboratory.jp/63369/ 447 0 0%
5 コンテンツ制作SEO|サービス|株式会社デジタル … https://digitalidentity.co.jp/service/content-seo/ 957 0 0%
6 コンテンツSEOとは?|コンテンツの質を上げて検索上位表示 … https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/13895/ 840 0 0%
7 「集めるSEOコンテンツ」の作り方。ターゲットからめっちゃ”喜ば … “ https://sonido.jp/2334.html 543 1 0.20%
8 コンテンツSEOとは?定義とコンテンツ作成方法を解説【Googleの … https://emma.tools/magazine/content-seo/ 122 2 1.60%
9 SEOコンテンツ制作 :: 株式会社イノーバ https://innova-jp.com/service-seo/ 2340 0 0%
10 ホームページ集客の王道! SEOの本筋「コンテンツSEO」とは … https://innova-jp.com/3290/ 2340 0 0%
1-10位の中央値 899 0 0%
11-20位の中央値 733 1 0.10%
21-30位の中央値 376 0 0%

この2つのキーワードの状態を見ていくと、「SEO コンテンツ作成」「1位 コンテンツ作成 方法」どちらでも上げることができそうだということが確認できました。

そしてこの2つのキーワードについて、今度は考えていきます。

SEOで狙うキーワードを決めたら、ニーズについて調べる

 

よくコンテンツ作成を行う場合に、ペルソナ作成をするというのをルールにしている会社もありますが、実際妄想のようなペルソナは私としては意味を持ちません。

可能性で行ってしまえば、どこまでも考えられるからです。そこで活用するのは、先ほどのタイトルとユーザーの動向です。

タイトルだけを見ていくと、ほとんどのサイトが「作り方」について書いています。

つまりここの検索をするユーザーにとって「依頼をする」という人は少ない可能性が高いということが判断できます。

ここで間違ってはいけないのは、自分たちが依頼をしてほしいからと言って、「1位のコンテンツ作成ができる業者の選び方」といった見出しをいれたがらないことです。

だって、求められていないんですから。

そしてそのほか今上がっているユーザーが足らないコンテンツがないかを10位以内の記事を読んだ後に検索している単語を調べていきます。

Googleクロームなどを使い、そのサイトに訪れたユーザーが他に検索したキーワードや、下のほうに出てくる関連ワードなどを軸にコンテンツの見出しを作成していきます。

1位になるコンテンツは、SEOの要素からチェック。

まず知識面で必ず必要なのが、「SEO」に対する知識です。SEOは、SearchEngineMarketingの略で検索エンジン最適化と言われる、Webマーケティング手法の一つです。

いまWebコンテンツに関わる人で、この単語を知らないで書いている人は少ないと思うので、説明は簡単にします。

SEOは、大きく分けて2つの基準に分かれます。

  1. サイト全体やページ全体の評価[内部]
  2. サイト外からの評価[外部]

これは、中身の良さと周りからの評判という一般的な人などを評価する基準とまったく変わりはありません。

以前は2の外部要素の評価基準があまりに高かったため、SEO=無理やり上げるというイメージがついてしまいました。

しかしいまはGoogleの言語解析技術が上がっているため、コンテンツを作るだけでも十分上がるようなコンテンツというの作ることが可能です。

それでは、

 

関連記事

  1. SEOの順位計測ツールまとめ!無料から有料まで様々紹介

  2. SEOの費用・相場について、正しい価格設定にお悩みの方へ

  3. エスイーオーとは?SEOとの違いを比較。具体的な対策の見方

  4. 中古ドメインのSEO効果は?取得方法・選び方

  5. グーグルサーチコンソールとアナリティクスの違い

  6. 手動Googleペナルティの解除は簡単解説!自分で解除しよう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。