エステサロンにチャットボットを導入することのメリットとは?!

脱毛サロンや痩身エステなどの美容エステなどでは自社のWebサイトからの顧客の導入がポイントで、より魅力的で分かりやすいWebサイト作りがその店舗のリピート率や売り上げに大きく関わっていきます。

そのため、エステサロンの公式ホームページなどは動きがあるものや、キラキラと装飾されている凝った作りのものが目立ちます。さらに、今のエステサロンの公式ホームページには「チャットボット」という自動で顧客の質問や疑問などに対応してくれるツールを導入している所もあります。

そこでこちらでは、自動で接客などの対応してくれるチャットボットをエステサロンに導入することのメリット・デメリット、エステサロンにオススメのチャットボットや活用事例をいくつか紹介していきます。

 

そもそも「チャットボット」とはどんなものなの?

エステサロンにチャットボットを導入することのメリット・デメリットを紹介する前に、そもそもチャットボットが一体どのようなものなかをまずは簡単に紹介していきます。

「チャット」と「ボット」を掛け合わせた自動化プログラム

チャットボットという言葉自体は、インターネットの中でリアルタイムに複数の人が文字を入力して会話をする「チャット」と、人の代わりに何かをしてくれる機械の「ロボット」を掛け合わせたものです。

言葉の掛け合わせ通り「チャット」を人に代わって「ロボット」がしてくれるため、Webサイトを持っている企業などが導入すれば人件費などを節約することが出来ます。また、正確には「ロボット」ではなく「AI(人工知能)」が人の代わりにリアルタイムにインターネット上で会話をしてくれるもので、それらの自動化プログラムを総称したものをチャットボットと言います。

「チャットボット」には4つの種類がある

チャットボットはいくつかの種類があり、シンプルなものから高度なプログラミングされているチャットボットなどがあります。

主に4つの種類に分けることが出来て、「Eliza型」「選択肢型」「辞書型」「ログ型」といったタイプがあります。それぞれのタイプに特徴があり「Eliza型」が最もシンプルなチャットボットになり「ログ型」は少しプログラムなどが複雑になっていきます。

チャットボットを実際に導入する場合には、顧客の質問や疑問に対して事前にプログラムする必要があるため、あまり複雑で難しいものになると扱うことが困難になってしまいます。

そのため、エステサロンのWebサイトにチャットボットを初めて導入しようと検討している場合には、出来るだけシンプルでエステサロンに特化しているチャットボットを選ぶことがポイントになってきます。

エステサロンに「チャットボット」を導入することのメリットとは?

チャットボットを自社のWebサイトに導入することによって、顧客の確保に繋げることが出来ます。そのため、Webサイトからの顧客の誘導が重要視されているエステサロンなどでは、チャットボットを導入することによって様々なメリットがあります。

エステサロンの複雑な料金プランなどを簡単に説明できる

エステサロンでネックになっているものの一つには「複雑な料金プラン」といったものが挙げられます。脱毛サロンや痩身エステなどではさまざまな料金プランが用意されているため、ユーザーにとっては理解するまでに時間が掛かってしまうものです。

エステサロンに初めて通おうとしているユーザーは、できればコスパ良くお得なエステサロンにしたいと考えることも多く、複数のエステサロンのWebサイトに訪れます。その際にチャットボットがあれば、複雑な料金プランなどがあるエステサロンであったとしてもユーザーは簡単に料金プランを理解することが出来ます。

エステサロンが初めてで、疑問や不安がたくさある顧客にも対応しやすい

エステサロンに初めて利用するユーザーの場合には、疑問や不安などをたくさん抱えていることも多く、事前に電話やメールなどで直接エステサロンに確認することも珍しくありません。

その様なケースにはチャットボットがオススメで、あらかじめチャットボットに初めてエステサロンに通うケースに考えられるあらゆる疑問や不安などの想定問答をプログラムしておけば、エステサロンとユーザーの双方にとってのメリットになっていきます。

自社のWebサイトをより魅力に見せることができる

チャットボットを自社のWebサイトに導入しているエステサロンというのはあまり見かけないため、チャットボットを導入することによって他社のWebサイトよりも魅力的に見せる効果があります。

チャットボットはAI(人工知能)の進化と合わせてより実践的になった新しいサービスになるので、Webサイトからそのエステサロンのサービスに対しての信頼性などをユーザーに印象付ける効果などもあります。

店舗の予約を「チャットボット」から誘導することができる

チャットボットには「選択肢型」というタイプがあり、ユーザーが選択肢を選ぶことによって最適なアンサーを提出することできます。

「選択肢型」のようなチャットボットであれば枝分かれ的にユーザーをリードすることができるので、最終的にはエステサロンの予約や無料カウンセリングなどに誘導することもでき、直接のコンバージョンにも繋がります。

お問い合わせ対応に対するサロンスタッフの負担を軽減することができる

チャットボットのメリットには、ユーザーのお問い合わせ対応に対する人員やコストを大幅に削減できるといったものがあります。

小さな店舗のエステサロンなどではきちんとした事務員などが配置されていないことが多く、チャットボットを導入することで電話やメールからのお客様対応を代わりに行ってくれます。

チャットボットが外部からの対応を行ってくれるため、店舗スタッフはお客様対応に追われなく本業の施術や現場での接客に専念することができます。

さらに、エステサロンでは予約やキャンセルなどの対応も多く、人手が足りなくなってしまうことも珍しくありません。その時にもチャットボットがWebサイトに設置されていれば、時間とコストの両方を浮かせることができます。

エステサロンに「チャットボット」を導入することのデメリットとは?

エステサロンにチャットボットを導入することで、さまざまなメリットがあるということが分かりましたが、逆にデメリットというものはないのでしょうか?続いて、エステサロンのWebサイトにチャットボットを導入することのデメリットを見ていきましょう。

未完成のチャットボットであると却って信頼性が失われる

エステサロンでは美容の効果などの信頼性が重要で、Webサイトの完成度などからユーザーは美容効果などの信頼性や効果の高さなどを推測します。

そのため、未完成であまり効果的でないチャットボットを導入してしまうと、却ってエステサロンの信頼性などが失われてしまいます。

Webサイトを作り直す手間とコストが掛かる

チャットボットを導入するためには既存のWebサイトを作り直すことも考えられるので、複雑なプログラムが必要なチャットボットの場合にはエステサロンのWebサイトを作り直す手間とコストが掛かってしまいます。

また、チャットボットは事前にユーザーの疑問や質問などの内容をプログラミングする必要があるため、すぐに導入できないこともデメリットになります。

チャットボットを管理する必要がある

チャットボットはある程度そのまま放置しておくことが出来るものですが、まったく管理しないという訳にはいきません。

対応できなかった案件や、バグの修正などの管理が必要で定期的のメンテナンスが日強となってしまうこともデメリットに挙げられます。

エステサロンにオススメの「チャットボット」とは?

最後に、エステサロンにオススメのチャットボットを紹介していきます。

「chamo(チャモ)」

チャットボットの「chamo(チャモ)」は株式会社チャモが提供しているもので、すでに国内の4,500社以上が導入しています。

導入事例では大手エステサロンのキレイモやミュゼプラチナムなどが既に「chamo」を自社のWebサイトに活用していて、リピート率や接客の負担を軽減させています。

PCとスマートフォンの両方に対応しているチャットボットになり、チャット履歴管理やチャット履歴エクスポート、ユーザー情報表示、定型文(テンプレート登録)といった機能があり自由にデザインなどをカスタマイズできる機能もあります。

初期費用などは基本的に無料となっていて、スタンダードプランであれば月々4,980円から利用することができます。

「bot(ボット)くん」

「bot(ボット)くん」は、株式会社ニューゲートジャパンが提供しているチャットボットで、エステサロンやネイルサロンなどの店舗サービスによるビジネスに特化しています。

主な機能には「A.I.による自動応答」と「システム連動」といったものがあり、LINEやFacebookメッセンジャーを活用することによって既存客のリピート率を維持するようにしています。

「botくん」をエステサロンに導入したことによる活用事例を見てみると、予約業務などを無料通話アプリのLINEで自動化することができたことにより、顧客満足度が当たりスタッフの手間なども大幅に軽減されています。

「botくん」の価格などは公式ホームページには記載されていないため、お問い合わせフォームで詳細な利用料金などを確認することができます。

エステサロンのチャットボットのまとめ

チャットボットをエステサロンに導入することのメリットなどを主に紹介してきましたが、他にもチャットボットを導入することでのメリットというものはあります。

例えば、マーケティングの向上やWebサイトの訪問ユーザーのデータ収集自動化といった機能もチャットボットにはあるため、エステサロンにとっては大きなマーケティング材料として活用することができます。

そのため、新規顧客に伸び悩んでいるエステサロンなどであれば、自社のWebサイトにチャットボットを導入することをお勧めします。

 参考URL

https://hitobo.io/blog/overview-of-the-chatbot/
https://botkun-ai.com/#sec1
https://chamo-chat.com/

関連記事

  1. Q&Aタイプのチャットボットについて徹底解説

  2. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

  3. チャットボットの世界を牽引してきたEliza型を徹底解説

  4. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

  5. チャットボットの効果

    お問合せを自動対応をしてくれる「チャットボット」の効果とは?

  6. 不動産業界チャットボット

    不動作業界で導入が進むチャットボットを5つの事例とともに解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. CRMとは

    知らないと恥ずかしい!CRMとは?基礎情報を徹底解説!

    2019.10.16

  2. 既存顧客 新規顧客

    既存顧客の維持と新規顧客の獲得、売上向上のためにはどちらを優先…

    2019.10.16

  3. 既存顧客 マーケティング

    既存顧客に対するマーケティングの必要性とは?既存顧客を逃さない…

    2019.10.16

  4. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  5. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。