ハイパフォーマーの評判と強み

ビジネスマン

ハイパフォーマーでは多くのフリーランスのコンサルタント・ITエンジニアに選ばれて登録をされています。

なぜハイパフォーマーが選ばれるの?

疑問女性

一つ目のポイントは多くの登録しているフリーランスのコンサルタント・エンジニアの方の長年にわたる実績から生み出される信頼によって、発注企業側も新規や既存のコンサルタント・エンジニア側の双方からもコンサルティング会社として信頼を置いてくれることによって長期にわたるお付き合いや日々多くの登録をしていただいていることです。

実績も発注企業とフリーのコンサルタント・エンジニアの方々に支えられ、13年以上という大きな実績となっているのです。長い13年の中で多数の案件の中でも一つ一つ丁寧な対応、まじめな仕事ぶりでしっかり行っているからこその実績と信頼につながっています。

またintloop(ハイパフォーマー運営会社)は案件紹介の事業にとらわれず、コンサルティング会社としての経験や実績も豊富に蓄えているため、発注企業との根強い信頼関係を築かせてもらえているのです。

二つ目は高待遇案件や直請け案件または上場企業案件など多数保有によって紹介ができることです。intloopの信頼と実績も兼ね備えているハイパフォーマーは直接発注や上場企業の案件を受けることも多く、フリーのコンサルタント・エンジニアの方に高い報酬や高待遇の案件のご案内することも可能なのです。

これとは別に案件は常にWeb上に掲載されるのが普通なのですが発注業者による非公開の案件も多数あるのも魅力の一つです。イントループ(ハイパフォーマー)としての信用力が仕事をしていて生かせることも強みです。

三つ目はサポートの充実です。業界水準最速の給与支払いや案件をスムーズに紹介することや、担当コンサルタントのアサイン後のフォローアップなど、フリーのコンサルタント・エンジニアのフォローが充実していています。

さらにフリーランスの方にお仕事面のサポートだけではなく福利厚生や税務によってもサポートをおこなっていて、福利厚生サービスは案件など仕事だけが充実することなく、実生活面でも充実できるように福利厚生が利用できるサポートも行っています。それだけでなく税理士紹介サービスもあり、フリーのコンサルタント・エンジニアの方に仕事に集中しやすいために、税務に強い税理士を紹介してもらえるのも選ばれる理由になります。

現在検討したり悩んだりしている状況の方へ

紙飛行機

ハイパフォーマーの利用する流れ

ハイパフォーマーの利用する流れは、まず一番最初に登録することが必要です。これを行わないと何も始まりません。また実際に稼働中な方でも案件を受けたいときに登録しておくことでタイムリーに案件を紹介されます。

実際にどのような仕事をしたいか、現在不安や悩んでいることなど思っていること、スキルや仕事のニーズ、キャリアについてや仕事面、人間関係に関すること将来設計や給与面など考えていることを担当のコーディネーターとの事前面談の場を設けてヒアリングします。

ですから、この際には履歴書や職務経歴書が必要で、それをもとに事前面談を行います。そのようなヒアリングでしっかりと伝えていただいた情報をもとに最適な案件のご紹介をしてもらいます。そこで希望の案件が見つけ出せたときにはじめて発注企業に応募の形となります。

それで応募書類を発注企業が書類選考し書類選考通過後、発注企業による選考面談が行われます。その際も担当コーディネーターが結果報告から日程調整も行ってくれます。選考が通り契約を結ぶことで業務開始になります。この時もしっかりサポートを行ってくれる流れになります。

ですから、登録を行わないと自ら行動をして多数ある企業から見つけ出したり、日程なども自ら組んだり調整したりと不安や悩みも絶えない中、その作業を行わなくてはいけないのでとても大変です。

ですが登録を行ってしまうことで一緒にヒアリングしてくれる担当のコーディネーターがついてくれて、日程調整も企業を見つけ出したりサポートをしてくれるのでしっかりとした仕事ができます。

またコーディネーターも多くのコンサルティングで豊富な経験を生かした専門的知識もある方で、しっかりとした企業側の本当に必要な人材のニーズを引き出すことにより働いてからの企業側とフリーのコンサルタント・エンジニア側のニーズの違いやギャップを与えないようにされているので安心でき信頼をおけます。

また、フリーコンサルタントといっても幅狭く感じることもありますが、ITコンサルタント、業務改革コンサルタント、ERPコンサルタント、財務・会計スペシャリスト、戦略コンサルタント、IPOコンサルタント、IRコンサルタント、内部統制コンサルタント、M&Aコンサルタント、PMOコンサルタント、マーケティングスペシャリストといったニーズの多い職種が多くあるので、途中でも自分のキャリアの方向性も変えることも可能ですので視野も広げることもできます。

フリーコンサルタントに向いている人

他にも収入面(年収)や自分にキャリアに合わせた人生設計・将来設計できるので、このような方はフリーコンサルタントとして向いています。

このようなことから、フリーコンサルタントに向いている人はコンサルティング経験があり、将来フリーで独立したい方や事業の立ち上げ経験がある方、プロジェクトマネジメントやPMOとして多数のPMO案件に経験がある方、M&Aや戦略コンサルティングに興味がある方、システム開発がやったこともあり、IT関連の経験豊富な方、ネット業界に勤めていて、独立願望のある方、士業経験や資格を所持していて、フリースペシャリストとして企業内で働いてみたい方、社員でのコンサルタントの人は自分の人生とキャリアは自分で人生設計・将来設計をしたいが、会社から依頼された目の前のプロジェクトを遂行しなければいけなく、会社によってキャリアを設定されてしまう方です。

それにともなって自由に時間をかけて設計できる方法を模索し始めるコンサルタントが多いです。仕事もできる人のところに仕事が集中してしまいます。社員コンサルタントだと初めは経験や学びが多く仕事に影響してきます。中堅クラスになることで仕事の量も種類も増えてくるので細かい仕事も責任ある仕事も積み重なってくるので給与と仕事内容のバランスと給与のバランスが合わないと感じてしまいます。

そうしてフリーコンサルタントになる前の方が不安に思うことが、自分のキャリアに適した案件が見つかるか不安や自分の理想やイメージした契約ができるかの不安や、フリーとして継続できるか不安に思う方が多いので、そのような方に向いています。

それと反対に活躍しているフリーのコンサルタントが思うことは、高い報酬が得られるので将来設計や人生設計などしっかり立てることができるようになることや、仕事もしっかりと自分の適した企業にとらわれずに働くことで考えることもなくなることや、案件を選べるのでその道に沿ったスキルも伸ばせるので自己設計できることを多くの方が言われます。ですから不安や心配、悩んでいるフリーコンサルタント前の方には向いています。

ハイパフォーマーの評判や意見

笑顔の男性

pmoとして担当した時にはより責任感を持って仕事に取り組めることができました。pmoとは組織内の複数のプロジェクトを調整、最適化していく使命を持ち、プロジェクトにかかわる業務標準化、品質確保、納期、人材活用、コストのコントロールなどの支援しながら、複数プロジェクトを成功に導いていく組織になります。

自社に内にpmo業務を設置する企業がありますが、pmo業務を外注することもあり、pmo業務を得意とするフリーランスのプロフェッショナルの方々が活躍していて企業から求められるpmo人材は、業界やプロジェクト規模などにより異なりますが、業界、専門分野の知識・経験があり、規模の大小に問わず経験してきたpmo人材が求められます。

特に外部からのpmoとしてアサインされる場合、すばやく現在のプロジェクトの状況を把握して、関係者とスムーズにコミュニケーションをとることができる人材が求められることです。

また、イントループ(ハイパフォーマー)としての信用力が仕事をしていても生かされることでプライドややりがいなども生まれてキャリアアップも目指すことができます。

「他のコンサルタント案件を紹介する企業と違ってイントループ(ハイパフォーマー)はソリューションの品質や問題解決の担当のコーディネーターがフォローも手厚くしていたり、コーディネータとの面談ができることで自分が思っていることややってみたいこと、自分の力量をしっかり話せたことで自分でも整理ができ、しっかりクライアントに伝えることができて良かったです。」

「定期的な面談もおこなってくれることで途中で感じたこと悩み、不安、再度自ら確認・自己分析・整理できるきっかけができました。」

「途中ぶれてしまいそうなときにも相談を受けてもらえるので一人で問題解決することもないのでアドバイスやサポートが充実していました。」

他にも「面談して、多くの案件の中から最適に見つけた仕事だからこそ最後まで責任持って仕事に取り組めました。」

「イントループ(ハイパフォーマー)は最初面談のフォローからバックアップまでしてくれるのでとても仕事がしやすい環境にあります。サービスも充実していて、業界ではなかなかない福利厚生サービスや税務士紹介サービスがあることで、非常に助かり生活面でも充実することができた」

など良い評判が多かったです。

ですから、働いている方の生活や仕事に充実感が生まれていることと、コーディネーターによるしっかりとしたフォローバックアップもあって不安もなく仕事にも専念できること、コーディネーターとの案件をしっかり面談して決められることで取引先企業での仕事も責任ややりがいを最後まで絶やせずできることが良い評判につながっています。

関連記事

  1. 初心者だけど、フリーランスエンジニアになりたい!!そんな人にはポテパンフリーランスがおすすめ

  2. PEBANK

    PE-BANK

  3. レバテックフリーランスで解決

  4. フリーランスの心強い味方 Workshipとは

  5. ミッドワークスの評判や強みや特徴

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。