フリーランスの心強い味方 Workshipとは

みなさんは在宅で、フリーランスとして働く。ということに対してどう思いますか?現代の日本社会において、入社してから定年まで同じ会社で働くということは、わりと普通ですよね。社員として会社の一部である以上は、常に上司に気を遣い、部下を育てたりと、自分のワークスキルの外でいろいろしなければなりません。ここで、本来のあなたのワークスキル。その実力、存分に活かしてみませんか?という提案をしたいです。それはつまり、フリーランスで働くことに挑戦してみませんかということです。海外ではわりと一般的な働き方であるフリーランス。今回は日本ではまだあまり身近ではない働き方であるフリーランスを、日本で全力バックアップしてくれるエージェント「Workship」について紹介したいと思います。

 

Workshipとは

・現在の報酬は自分のスキルにはあっていないと感じる。・週2~3日の案件を探しているが、エージェントには週5日の案件ばかりを提案される。
・エンジニアではないが、デザイナー、広報、人事、マーケターとしての経験を生かして、フリーランスに挑戦してみたい。
・副業として、まずは土日だけ、仕事をしたい。
・フリーランスになりたいが、会計面で不安がある。
・独立後に新技術のキャッチアップができるかが不安。

このような思いがあるひとに、Workshipでフリーランスとして第一歩を踏み出すことをお勧めします。
まずWorkshipとはなんなのか。Workshipとは株式会社GIGが運営する新興のフリーランスマッチングエージェントです。フリーランスで働くというとエンジニアの仕事を連想する人が多いのではないでしょうか、たしかにエンジニアはフリーランスの代表格でもありますが、その他の仕事でも高度な技術を持ち、フリーランスとして働きたいと思っている人は多いです。そのニーズに応えたのがフリーランスエージェント、Workshipです。ここではデザイナー、ディレクター、ファイナンス、マーケター、広報、人事、編集とスキルさえあれば多種多様の業務をこなせる、フリーランスとして力を存分に発揮できる環境が整っています。このように、従来のフリーランスエンジニアだけでなく幅広くフリーランスのための案件を用意しているところが最大の魅力です。

Workshipは自分のスキルに自信がある人にオススメ

Workshipで働くには、全くの初心者という状況ではむずかしく、ある程度その分野で経験を積んだ人、現在本業でその仕事をしており、副業として始めたい人。に向いています。ゆえに仕事を斡旋してもらえる人は全フリーランスの上位10%です、ここまで採用のハードルを上げて、人材を集めることによって、依頼者の信用を得て、すぐれた結果を出すことができるのです。さらに業務は作業ごとに紹介されるわけではなく、プロジェクト単位(新規サービスの立ち上げから運用までバックアップ)での案件が多く、参画するフリーランスはみな、そのプロジェクトの中心人物として採用されることも多いです。良質な技術を持つフリーランスを採用するため、収入面でも安定しており、最低でも時給4000円、月商65万円以上高い報酬が受け取れます。さらに一般的な企業に比べて、マージン率(代理店など中間業者が受け取る利益)が低いのも魅力です。この低いマージン率のおかげで高収入が実現している側面もあります。そして仕事にはGIG社員とともに参画することが多く、フリーランスとはいえど、会社とチームで仕事していくという感覚があります。

多種多様のお得なサポート

フリーランスとして働くうえで会計は大きな課題の一つです。しかしWorkshipに登録すると、月数千円する個人事業者向けの有料会計ソフトである「freee」を無料で利用することができます。これは、本業以外で手や予算を煩わせたくないフリーランスにとってはかなりうれしいサポートです。また、法人設立を目標としているフリーランスはWorkshipから会計士、税理士、司法書士、社労士などプロフェッショナルによる充実したサポートを受けることができます。ほかにも技術セミナーやマーケティング勉強会など多くのうれしいイベントがあり、更なる技術向上を目的としたやる気のあるフリーランスが成長できる環境が豊富に揃っているといえます。

実際の案件例

ここではエンジニアを含め、様々な案件をそろえるWorkshipの実際の仕事を少し紹介したいと思います。

・〚エンジニア〛
業種・業務:新規メディアサービスの立ち上げ
対象者:機能設計~実装までサーバサイド開発のリードエンジニア
報酬:時給4000~・月収18~80万円
稼働/出社:32~160h・週1~5日
出社希望:週2以上
勤務地:中央区
必須スキル:LAMP環境での開発経験、Gitを用いたチームでの開発経験、Webサービス開発でのリードエンジニア経験

・〚編集〛
・業種・業務:オウンドメディア編集長
・対象者:Webマーケティング、編集ライティングの経験者
・報酬:時給:4000円~・月8~45万円
・稼働/出社:15~160h/月1~2回の会議
・出社希望:週1以上
・勤務地:渋谷区
・必須スキル:SEO、コンテンツマーケティングの知識、ライティング、編集経験者、アイキャッチ撮影/作成

・〚デザイナー〛
・業種・業務:アートディレクター
・対象者:、情報設計からデザイン製作までをお任せできるデザイナー
・報酬:時給:4000円~・月18~80万円
・稼働/出社:32~160h/週1~5日
・出社希望:週2以上
・勤務地:中央区
・必須スキル:アートディレクターとしての実務経験、Gitを用いたチーム開発経験、CSS、JavaScriptの基礎知識

これはWorkship内にある案件の例です。実際に案件内容を見る限り非常にシンプルでわかりやすい募集案件になっています。それと同時に高度なスキルが求められていることも読み取れます。週1から週2日必要な出勤なのですが、その勤務地は関東、おもに東京の都心が多いです。ここでは複数のプロジェクトを掛け持ちすることや、現在自分が行っているプロジェクトと並行してすすめることが可能といった柔軟なワークスタイルをとることができます。さらに本業が終わったあとに数時間だけ稼働するといったケースもあり、いきなりフリーランスという選択肢をとるのは怖いといった人に魅力的な側面があります。

 

プロジェクト参加までの手順・流れ

1:Web無料登録
Workshipで案件を紹介して実際に働くには、Web登録が必要になります。登録方法は一般的な会社の入社などの手続きと比べ、登録フォームの必要項目に情報を入力するだけと、とても簡単です。およそ60秒で終わります。
2:登録審査
ここで今までの経験やスキルの情報をもとに、書類審査を行います。
3:ヒアリング(面談)
書類審査を終えると、オンラインでの面談をうけ、そこで実際にスキルや経験を伝えます。オンラインでは伝えにくいという人は実際に出向き、対面でヒアリングをすることもできます。
4:プロジェクト紹介、交渉サポート
ヒアリングした希望をもとに、Workshipが案件を探し、候補を提案、クライアントとの商談をセッティングしてくれます。必要であれば面談へ同席して交渉をサポートしてくれます。
5:条件交渉(商談)
各誓約書の整備、条件交渉、プロジェクトに関する諸々のサポートをしてくれます。このおかげで商談が成立する可能性もあがります。フリーランスの商談は、サラリーマンなどと違い、大体1回で決まります。
6:プロジェクト開始
条件交渉が終わると、プロジェクトが始まります。この後もWorkshipによる充実したサポートがあり、安心して仕事効率を求めることが可能です。

 

よくある質問

このように、Workshipを使えばWebで簡単にフリーランス業をはじめるとができます。
以下はWorkship内のサービスを受ける上で、よくある質問です。役に立つものがあると思うので目を通すことをおすすめします。

Q:プロジェクトのご提案を受けるのは無料ですか?
A:無料です。希望に沿ったプロジェクトを提案させていただきます。

Q:プロジェクトのご紹介前に面接は必ず必要ですか?
A:品質管理のため、登録者全員とオンラインでの面接を行っております。

Q:会社員の副業として、土日で対応できる案件はありますか?
A:あります。ハイレベルなスキルを持った会社員の方も活躍いただけるように、土日の案件もご用意しております。

Q:自分のスキルがWorkshopの案件で通用するかどうかが不安なのですが。
A:まずは面談江スキル、実績の管理を行いましょう。客観的な市場価値から、今後のキャリア形成まで、経験豊富なアドバイザーがアドバイスいたします。

このようにフリーランスとはいえど、しっかりとしたスキル審査が行われ、個人にあったアドバイスをプロのアドバイザーから受けることができるのは、Workshopならではのメリットといえます。

Workshipの口コミ・評判

良い口コミ・評判

・高収入案件が充実している
・週1~3日など柔軟な勤務案件が多数
・基本在宅で、高収入な案件に参加できる
・実力に応じて複数のプロジェクトを掛け持ちできる
・副業として自分のプロジェクトと同時並行で進められる
・土日参加できるプロジェクトもある
・会計ソフトの無料提供や、商談前後のサポートなど、フリーランスにとってうれしいサービスが多い。

悪い口コミ・評判

・首都圏の案件が主で、地方案件があまりない
・高いスキルが求められるため、初心者には向かない

以上の評価を総括して考えると、絶対的に必要なのはスキルであることがわかりますね。自分ができる限りは仕事を複数請け負うことができます。固定収入がないので仕事をこなせばこなすだけ収入アップが見込めます。それはフリーランスの宿命でありロマンでもあります。しかし良くも悪くも自分のフリーランスのスキルに値打ちがないと、きられてしまうので、そこは腹をくくる必要があります。そんなフリーランスのスキル以外でのストレス要素はWorkshipの豊富なサポートで減らすことができるので、仕事がしやすい環境であるといえます。

関連記事

  1. ビジネスマン

    ハイパフォーマーの評判と強み

  2. 初心者だけど、フリーランスエンジニアになりたい!!そんな人にはポテパンフリーランスがおすすめ

  3. PEBANK

    PE-BANK

  4. レバテックフリーランスで解決

  5. ミッドワークスの評判や強みや特徴

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。