javaに携わる前に知っておくべきこと

botchan

これからjavaの開発者としてプロジェクトに参画する人やいずれはjavaで開発していきたい人が実際に仕事に入る前に分かっておいた方が良いことを中心に纏めた内容となっております。参考にして頂き、自分事として取り入れていきましょう。

仕事内容

まずjava開発の仕事内容は他と変わらず言語が違うだけとなります。クライアントからどんなシステムを作りたいのか要望を聴き大きな目で見たときの規模の大きさやどのくらいで終わるのか何人の人が必要なのかを考え、画面の大まかな図面を書くのも、この基本設計のフェーズとなります。

そしてここで言語が決まるのです。そのシステムを構築するにあたり、どんな言語を使うと実現出来るのかを考える内容となり、javaを使える人がプロジェクトに集められていくのです。基本的にjavaを扱える人は比較的多いため集めやすいのも特徴です。

その次の段階が詳細設計にあたります。詳細設計では、主に画面レイアウトやボタンの動作を詰めていきます。javaの場合は、フレームワークなどjava特有のものであったり遷移するパターンも考えていくことになります。設計フェーズが完了した後に製造、そして試験フェーズとなります。javaが用いられる場面が多いのはWEBアプリケーションの開発です。

オブジェクト指向と呼ばれるものであるため保守がしやすいのも特徴で、保守がしやすいコードを作成する技術も必要不可欠となってきます。なんといってもjavaはライブラリやフレームワークが充実していて扱いやすいです。フレームワークをメインとした仕事が多くなるのはそういう理由からです。

仕事環境

Java

どんな企業でも使われることが多くjavaを知っておいて損はないでしょう。転職をする際にもとても便利です。アンドロイドアプリの大半はjavaが使われていて、アンドロイドアプリ開発の案件も少なくありません。ありとあらゆる分野でjavaが使われていて汎用性があります。

初心者向けの言語でありながらプラットフォームに依存しないため異なる媒体でも問題なく動作します。誰でも扱いやすい言語だからこそ凄く実力が問われてきます。評価が純粋な実力なのです。javaを習得していることは最大のアドバンテージになるのは間違いないでしょう。勿論、他の言語を習得していれば優遇されます。

javaを知っていれば他の言語にも繋がるのでjavaを習得していると現場でも頼られたりします。重要な概念が詰め込まれてるjavaだからこそ教材にも使われています。java開発者は指導係として抜擢される事もしばしばあります。自分の実力を示すことが出来るのは、javaを習得してることが他の言語があっても問題はないと見られるため門が広いのも特徴です。

javaはあくまでもベースです。それだけだど年収が低くくなってしまいますが、皮切りに他も習得する事で年収もアップしていきます。コンパイラ、デバッガ、クラスライブラリ生成、ドキュメント生成を一括で扱える統合開発環境を使うことになります。

一般的なのは、eclipseです。システムを開発するにあたりSQLといったデータベースの操作や接続方法を知っておかなきと後々厳しくなります。その点ではjavaはSQLに纏わるライブラリが用意されているので環境面では整備されています。データベースに特化したメンバーがそこだけを開発することも多々あります。

そのような時は連携を取りつつコミニュケーションが取れることが大切になっていくことでしょう。今後はスマートフォンアプリの需要が高まりより一層javaプログラマーが必要とされてきます。一番大事なのは経験ではなく、コードを書いて動かして経験豊富な人に見てもらうのが一番徹底して行うと良いことでしょう。

経験者としての感想

ビジネスマン

javaは応用が効く分、どこから手をつけていいかわからなくなることもあります。一から開発ではなく開発したものを修正することから始めると開発した人の意図がわかり面白いです。人が見て分かりやすいコードを書くのは勿論ですが、自分が見て説明できることが重要です。特にjavaのようなオブジェクト指向の言語は注意しながらしていかないと散乱してしまいます。

コード記載ルールがそれぞれあるはずなので、それに乗っ取り書いていきましょう。C言語を学んでいれば少し分かりやすく派生もしやすくなります。後から追記でコードを増やしても問題ないこと書きかたをしていくことを特におすすめします。どういうことかというと、javaは共通で使える処理は別で書き起こすというのが一般的なルールであります。

そのためどの処理が共通で使えるのかを把握することが重要となっており、与えられた処理だけではなく、全ての処理を把握しておく必要があります。javaはすべてのベースとなるものです。ここでしっかりマスターしておけばどこにいったとしても通用する開発者となるでしょう。

関連記事

  1. JAVA

    官公庁向けのシステムに携わってJAVAエンジニアとして成長

  2. JAVAエンジニアに求められる能力

  3. フリーランス

    フリーランサープログラマーのAndroidを利用した仕事

  4. Javaエンジニア入門

  5. JAVA

    フリーランスエンジニアとしての私の実情

  6. JAVAエンジニアってどんなもの?業界未経験でJAVAエンジニアを目指している方のための経験者体験談

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。