Java系エンジニアが活躍できる職種とは?

いろんなプログラミング言語を扱うエンジニアがいる中で、まず覚えておかないと話にならないのがJavaです。Javaを覚えておけば、どんな職業に就くことができるのか?また、Javaと合わせて覚えておくべきプログラミング言語とは?今回は、この辺りに焦点を当ててみたいと思います。


エンジニアは転職して当たり前?

エンジニアは、一つの職場で、退職するまで働き続けることは少ないです。大抵の場合は、転職を繰り返しています。実際に私が働いていた職場でも、何人のエンジニアが入れ替わったかわかりません。それは、新しい勉強ができる場を探していたり、ヘッドハンティングされたり、給料アップを期待したり、フリーランスになったり、ケースは様々です。

だから、エンジニア職につけた人は最初から転職を視野に入れて、勉強&就業したほうがいいと思います。

転職成功のカギは二つ以上のプログラミング言語を覚えること

エンジニアとして転職を成功させるには、いくつかコツが必要です。その一つとして特に大事なのが「複数のプログラミング言語を操れること」。職場は、一つのプログラミング言語しか扱えない人は、原則として求めていません。したがって、最低限、二つ以上のプログラミング言語は学びたいところです。

二つ以上のプログラミング言語を覚えるのは意外と簡単

私自身、初めてプログラミング言語を勉強した時は、うまくいかないことが多くて、「プログラミング言語って難しいなあ」と思った記憶があります。でも、ひとつのプログラミング言語をしっかり習得しておけば、それ以降のプログラミング言語の習得は、意外と難しくないんです。

大体のプログラミング言語は応用で覚えることができるからです。だから、働きながらどんどん新しいプログラミング言語を習得するエンジニアが、たくさんいました。

javaとPHPがおすすめ

二つ以上覚えるプログラミング言語としておすすめなのは、javaとPHPです。
JavaとPHPは、凡庸性の高いプログラミング言語で、あらゆるジャンルの開発で応用されています。初心者向けで覚えやすいと言うメリットもあるので、エンジニアを目指す人たちは、まずこのどっちかから覚えると良いでしょう。ちなみに私はJavaから入りました。習得までは10ヶ月といったところだったと思います。

javaとPHPは求人が多い

パソコン

エンジニア求人で、一番多いのはjavaとPHPです。中小の企業はもちろん、大手の企業でも未だに募集されています。特に、Web業界では鉄板のプログラミング言語ですから、この二つさえ覚えておけば、転職は有利になるはずです。

Java系エンジニアが働ける職種とは?

空

Java系エンジニアが働く職種は、必ずしもit業界だけでは限りません。私の職場の エンジニアが、どのような職種に転職したのか?主なものを紹介したいと思います。

Androidアプリ開発

Androidアプリのほとんどは、Javaで開発されています。近年のAndroidアプリは、Java以外のプログラミング言語で開発されているものもありますが、それでもJavaの需要は衰えていません。今後も、Javaを中心に開発されるのは変わらないでしょう。

業務系システム開発

大手の企業で使われている業務系システムは、Java系エンジニアが開発したものが多いです。例えば、東京三菱ufj銀行や楽天銀行などのシステムがそれにあたります。

Webサービス開発

近年では、Rubyを使っていたTwitterが、Javaに移行しました。そのため、今後もJavaが活躍することは間違いありません。

Webサイト開発

楽天のネットショッピングや海外のネットショッピングのeBayなど、多くのWebサイトでJavaが活用されています。Java以外にPHPやRubyが使われていることもあるので、二つ以上のプログラミング言語を扱えるエンジニアは、重宝される職種です。

デスクトップのアプリ開発

デスクトップ型のアプリで有名なのは、FirefoxやOpenOfficeです。この他にも、たくさんのデスクトップ系アプリでJavaが使われています。

家電開発

少し意外に思うかもしれませんが、家電の開発でも、Java系エンジニアが活躍しています。最近の家電って、やたらハイテクなイメージがありますよね?あれは、プログラミングの恩恵によるものです。テレビ、洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、etc、身の回りの家電で採用されています。

まとめ

今回は、Java系エンジニアが覚えておくべきプログラミング言語や転職先に検討できる職種についてまとめてみたんですが、いかがでしたでしょうか?このようにして見てみると、ITと関係なさそうなところでもプログラミングが生かされていることがわかりますよね。だから、プログラミング初心者は、とりあえずJavaを覚えておけば、活躍する場所に困ることはないでしょう。

関連記事

  1. JAVAエンジニアとしての社内インフラシステムの開発業務

  2. 開発は技術が全てではない。現場の大変さを身にしみて感じた案件

  3. エンジニアの副業。収入とスキルをアップさせるには

  4. フリーランスで働くという覚悟

  5. Javaエンジニア入門

  6. Javaエンジニアのキホンのキ 3つ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。