TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

JAVAエンジニアのお仕事とは?その気になる実態

IT関係職の中でも特に求められている人材の一つがJAVAエンジニアです。JAVAエンジニアの活躍の幅は実に幅広く、モバイルアプリ作成の仕事だけでなく基幹システムの開発も任されることもあります。それだけ多くの人におすすめできる仕事なのがJAVAエンジニアですが、その実態についてこの記事では詳しく解説します。

仕事の内容

JAVAエンジニアの仕事内容についてまず解説しましょう。JAVAエンジニアはその名の通りプログラミング言語であるJAVAを用いてプログラミングを担当するエンジニアのことですが、JAVAエンジニアは単にJAVAだけ知っていれば良いというわけではありません。JAVA以外にもXMLなどの知識も求められています。

JAVAエンジニアは活躍する場面が多いだけにそれだけサイドナレッジが必要となってくるわけです。また、C言語などでコーディングされたプログラミングをJAVAで書き換えるといった仕事を任されることもあります。このため、柔軟にいろいろな知識を身につけられる人が向いています。
実際のコーディングは自分で考えることだけでなく既存のプログラミングなどをうまく生かせられるかもポイントです。JAVAはなんといってもコーディング例が無数にありますし、C言語でコーディングされたプログラミングも参考にできます。

自分で考えて数日もかかってしまうよりも、他の人のプログラミングをうまく参考にして数時間でコーディングを終えられるようなプログラミンマーが現場では求められているのです。

仕事も管理・保守と開発の仕事ではかなり違うことも特徴。管理や保守の仕事はデバッグや仕様追加などがメインとなり、根気強い人がやはり向いています。一方、開発の仕事はより独自性や発想力が求められてきます。この点もJAVAエンジニアを目指す際には考えておくと良いでしょう。
ちなみに、将来的にプロジェクトマネージャーなどになりたい場合にもJAVAエンジニアとしてキャリアをスタートすることは効果的です。実際、プロジェクトマネージャーはJAVAエンジニア出身の人も多くなっています。

仕事の環境

社内

JAVAエンジニアは多方面で求められています。JAVAエンジニア向けの求人広告を見てもその傾向は人目でわかることでしょう。例えば、プログラミング大手でビジネス向けの基幹システムを開発することもありますし、まだ出来て間もない小規模の会社でモバイル向けのアプリを作成することもあります。

このように働ける場所が多いこともありキャリア展開もしやすくなっています。JAVAエンジニアは就職や転職しやすいということだけでなく、給料的にもIT関係職の中では平均以上なことも知っておいてもらいたいところ。

実際のコーディングはチームで行うこともポイントです。JAVAエンジニアの仕事はますますチーム化、集団化しており、個人で仕事をするということは少なくなってきています。このため、コーディングルールに従えるだけでなく、コミュニケーション能力の高い人が求められていることも特徴でしょう。

また、職場の雰囲気もかなり現場によって変わります。基本的にはチームで締め切りまでにプログラミングを仕上げていくこととなりますが、自分のペースでプログラミングできるようなところもあります。このため、「プログラマーは忙しくてプライベートの時間が持てない」とあまり固定観念を持たずにまずは職場見学などをして職場の雰囲気などを掴んで見る事が大事です。

これはJAVAエンジニアになれば知識も自然と増えてきてプロジェクトマネージャーとして必要な基礎も固まりやすいためでしょう。

仕事の感想

ビジネスマン

JAVAエンジニアの仕事はしてみればわかりますが実に刺激的です。他のプログラマーの仕事は単調であったり、同じことの繰り返しであることが多いのですが、JAVAエンジニアの仕事はPHPプログラマーやウェブサイドエンジニアなどの多様な職種の人と交流できるのが利点です。

このため、よりいろいろな知識を吸収できるのでこれからプログラマーを目指している人はJAVAエンジニアを目指してみるのがおすすめです。
JAVAエンジニアとして働いている人は「地頭が良い」人が多いことも特徴かもしれません。JAVAエンジニアはやらないといけないことも多いために地頭が良くないと務まらないということもその理由でしょう。

また、これからの動向として更にJAVAエンジニアは多方面の知識を身に着けていくことが求められてきます。これはプラットフォーム間コーディングなどが広まってきているため。会社の既存システムをJAVAでクラウド化したりするといったような仕事も増えています。こうしたこともあり、単にJAVAを知っているというだけのJAVAエンジニアでは将来性も格段に狭まってくることでしょう。

逆にこれを良い機会を考えてよりいろいろな知識を吸収できる人であればJAVAエンジニアとしても成功していけることでしょう。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。