TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

エンジニアの副業。収入とスキルをアップさせるには

エンジニアと言う特殊な才能をもっと活かせないものかと副業を考える方は多くいらっしゃいます。
副業をすることにより単純な収入アップはもちろんのこと、スキルアップをすることも出来ますので非常に有意義な時間となることでしょう。
そこで今回はエンジニアの副業についてご紹介します。
エンジニアに副業がおすすめな理由、副業に向いている案件などについての説明になりますので、副業をお考えのエンジニアの方は是非参考にして下さい。

エンジニアに副業がおすすめである理由

昨今では多くのエンジニア向けの副業案件が存在します。
ではなぜエンジニアの副業に人気が出てきたのでしょうか。

・本業で得た知識を活かせる

本来の業務で使っている言語であればそのまま得たものを使えますので新しく覚える時間や手間などが省けます。
案件ごとにソースの書き方など細かな部分は違ってきますが、根本的な知識は変わりません。
そのため改めて自身の使っている言語のことを見直せますので、復習と言った形で再習得することが出来ます。
本業で使っている言語だけに今更と思ってしまうこともありますが、基本に立ち直ることで新たな発見や効率の良い方法などが見つかりますので、スキルアップと言う面にも繋がります。

・時間と単価

エンジニアの方が副業を行うとなると、本業の仕事が入っていない土日と言う場合が多いでしょう。
そのため使える時間は少なく、限られた時間内で案件を消化していかなくてはなりません。
昨今の副業の場合ですと、時間の空いた時にやれると言う時間拘束のないものが多く見られます。
そのため無理なく副業を行えます。
この好きな時にやれる、と言うことがエンジニアとしては非常に嬉しいことでしょう。
また、IT業界は慢性的な人手不足です。
これは副業の案件にも言えることです。
そのため単価は本業で行うプログラミングよりも高いものになる傾向があります。
中間マージンや経費と言った部分を削減出来るため、単価を上げることに繋がりました。

・将来への投資

副業をしていく過程で様々なコネクションが生まれます。
IT業界ではこう言った繋がりが非常に大事なものになり、将来的に独立を考えるのであれば必要不可欠なものです。
独立後に仕事をもらったりなど優位に働きますので、コネクションは大事にするようにしましょう。

参考サイト
https://geechs-magazine.com/tag/lifehack/20160628
https://itpropartners.com/blog/11289/#i-4

稼ぎたいエンジニアにおすすめな副業の案件内容

ではエンジニアの副業案件にはどのようなものがあるのでしょう。

・スクール講師

2019年には小学校の授業でもプログラミングが取り入れられることになりました。
そのため講師としての仕事の需要が多く、すでに専門的な知識を持っているエンジニアの方にはうってつけの副業となっています。
特に土日と言う限られた時間はこの講師と言う仕事に向いており、生徒となる方も同じく平日に仕事をしている方が多いので土日に講習を受けに来ると言う方が多く見られます。
本業で使っている言語であれば簡単に教えられますので、時間が掛からず土日と言う限定期間を有効に使うことが出来ます。

・クラウドソーシング

エンジニアの副業のメインとなる舞台です。
簡単なものから専門的なことまで幅広く募集が行われています。
それなりの収入を期待するのであれば、実務経験が必要であったり、突貫作業のような内容のきついものとなりますので、しっかりと内容を吟味して自身の出来る案件を精査する必要があります。
本来土日と言う時間は休むために与えられた時間でもありますので、無理のない計画が必須です。

・紹介

職場の同僚や友人から案件を紹介してもらうケースです。
案件を引き受けるハードルは低くなりますが、知人ゆえに断りにくいと言う弊害も同時に発生します。
案件内容をしっかり確認しないと過酷な作業をすることもありますので、自身のペースに合わせて話を聞くようにして下さい。
また、紹介をこなすことでコミュニケーションを形成することも出来ますので、将来的に必要なコネクションを作ることも出来ます。

参考サイト
https://itpropartners.com/blog/11378/#IT5

スキルアップを目指すエンジニアにおすすめな副業

次にスキルアップを目指す場合の副業案件をご紹介します。

・アプリ開発

iPhoneアプリを開発する場合、開発環境はMacで開発言語はObjective-CまたはSwiftになります。
Androidアプリでは、開発環境はWindowsとMacが使用でき、開発言語はJavaまたはKotlinです。
本業で使う以外の言語の習得を目指すのであれば、アプリ開発がおすすめになります。
アプリ開発の案件は案件紹介サイトやクラウドソーシングなどで見つけることが出来ますが、自分自身で独自のものを作ることも出来ます。
自分自身の独自開発はハイリスクハイリターンの諸刃の剣となってしまいますが、成功したあかつきには独立に必要なもののほとんどを経験することが出来ます。

・Webサイト運営

RubyonRailsやPHP、HTMLと言った言語の知識が必要になってくる分野です。
どれも比較的習得しやすく、RubyonRailsは今後のエンジニア業界で成長すると注目されている言語になります。
Webサイトの案件の紹介を探す他に自分自身でHPを運営すると言う方法もあります。
Webサイト運営を続けることにより、SEOの知識、ライティングスキル、マーケット感覚と言ったものを覚えることが出来ます。

・クラウドソーシングの利用

自身の習得したい言語での案件を探す方法になります。
新しく習得する言語は覚えるまでに時間を要しますので、まずは簡単な小規模な案件から選ぶようにすると良いでしょう。
繰り返しになりますが、クラウドソーシングを利用する場合には、しっかりと仕事内容を精査する必要があります。
無理のないスケジュール管理を忘れないようにして下さい。

参考サイト
https://tech-camp.in/note/careerchange/11110/

関連記事

  • いろんなプログラミング言語を扱うエンジニアがいる中で、まず覚えておかないと話にならないのがJavaです。Javaを覚えておけば、どんな職業に就くことができるのか?また、Javaと合わせて覚えておくべきプログラミング言語と […]

  • 新卒で入社したIT企業では丸2年ほどテスターをさせられていました。 ずっとプログラムを書きたいと上司に言い続けても叶いませんでした。 社会人3年目にしてWebエンジニアを目指すため、 2017年に今の会社に転職し、最初の […]

  • JAVA

    IT職はますますフリーランス関係の案件が増えてきています。このため、独立したいという人にもIT職はおすすめできます。 しかし、フリーランスとして働くとなるといろいろな不安があるものです。ここではそんな不安解決に役立つ私の […]

  • 私は2012年度に新卒で独立系IT企業に入社し、6年間JAVAエンジニアとして働いてきました。 これからJAVAエンジニアとなる方や、JAVAエンジニアへの転職を考えている方向けに私の体験談を記述します。私はJAVAエン […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。