JavaScript エンジニアに転職するには?気になる求人や年収をチェック

エンジニアにとって、どの言語をメインにするかはとても重要な選択です。
なかでも、歴史が長く、使用する機会の多いjavascriptを使いこなせるようになりたい、と考えている人は多いのではないでしょうか。

そこで、ここではjavascriptエンジニアがどのような仕事を行っているのか、そのくわしい内容について見ていきたいと思います。

javascriptエンジニアとはどのような仕事内容なのか

webページ作成やアプリケーション開発に欠かせない職業

javascriptは、インターネット上のwebページを記述するプログラム言語の一種です。 そのおもな役割は、webページに「動き」をもたらすというもの。 基本的に現在のwebページというのは、htmlによってその構造が組み立てられ、cssによってデザインがほどこされています。javascriptはそのなかで、画面を操作するための機能を担当しています

たとえば、オーディオを再生したり、画面をスライドさせたり、ポップアップウィンドウを出したりといったように。ほかにも、詳細メニューやカウントダウン、検索機能など、webページを使いやすく、親しみやすく、分かりやすくする目的で活用されています。

いずれも、現在のwebページにとっては欠かせない機能ばかりです。 また、プログラミング言語としてもとても汎用性が高く、ほかのさまざまなプログラミング言語と合わせて使用することもできます。

こういった理由から、javascript エンジニアが活躍できる場面はとても広がりを見せています。

そのなかでも、おもにフロントエンドとサーバーサイドの2つの分野で仕事をするケースが多くなっています。

デザイン力が求められるフロントエンド

フロントエンドというのは、webページやアプリケーションなどで、ユーザーが操作するための部分を構築する分野です。

そのため、開発のデザイン部分までまかされることも多く、デザイナーとしてのセンスが問われるケースも増えてきます。

フロントエンドは、オリジナリティのあるサービスを提供するうえで、企業にとってももっとも力を入れたい分野のひとつといえます。

javascriptエンジニアは、クライアントが最終的にどのような形の仕上がりを望んでいるのか、それに対してさまざまな提案と試行錯誤を行っていきます。

このクライアントによっても、フロントエンドの仕事内容は大きく変わってきます。サービス内容のジャンル次第で、ユーザー層や方向性はさまざまです。したがって、フロントエンドで働くjavascript エンジニアには、それに対応できるような幅広いユーザビリティやデザインの設計ができる能力ももとめられることになります。

むしろ、そのようなスキルのほうがプログラミング技術そのものより重要だといえます。

その分、仕事の数をこなせばこなすほど、その経験値がそのままノウハウとなっていくのも特徴のひとつです。働きながらスキルを高められるのは、とてもやりがいのある職種といえるでしょう。

高度な技術がもとめられるサーバーサイド

サーバーサイドというのは、ユーザーにサービスを提供するためのサーバー側の通信部分をおもに担当する仕事です。

ただし、サーバーとの通信に用いられる言語は、RubyやPython、PHPといったプログラミング言語がメインです。そのため、javascript エンジニアがサーバーサイドであつかう仕事は、基本的に非同期通信の実装になります。

非同期通信では、サーバーとの通信中にもwebページなどで別の処理を行うことができます。そのため、スムーズなやり取りで高速かつ大量にアクセス処理を行いつつ、ユーザーには待ち時間を感じさせず、リアルタイムの操作感をあたえることができます。

サーバサイドのjavascript エンジニアにとって大切なのは、ライブラリやwebのインフラよりも、フレームワークの知識です。基本的にかなり高度な技術が必要となる分野なので、それだけ仕事の報酬も高くなる傾向があります。

幅広い選択とチャンスが得られる仕事

このように、javascript エンジニアはフロントエンドとサーバーサイドという分野にまたがって活躍することができます。

もちろん、どちらもあつかっているjavascript エンジニアも数多くいます。

最近ではjavascriptのライブラリやフレームワークもどんどん発展して、その開発範囲はさらに広がっています。人手不足もあり、2つの分野にまたがって仕事をするjavascript エンジニアはますます増えていくことでしょう。

javascript エンジニアになるには、今後はよりトータルで幅広いプログラミングのスキルが今後はもとめられていくようになります。

その分、より幅広い選択ができるともいえるので、自分にとってベストな働き方を見つけたい人にとっては向いている職種といえるでしょう。

また、上場企業や金融機関のサービスや新事業に関わったり、規模の大きなアプリケーション開発やプロジェクトなどにたずさわるチャンスがあるなど、モチベーションを高めたい人にとってもおすすめの職業です。

JavaScript エンジニアの現在の求人状況はどうなっているのか

ビジネスマン

javascript エンジニアへの転職を目ざすために、現在の求人がどのような状況になっているか把握しておく必要があります。

どれぐらいの求人倍率で、どのようなスキルが必要となるのか。その点について、くわしく見ていきましょう。

企業にとってはのどから手が出るほど欲しい人材

近年では、インターネット上のサービスはもちろん、スマートフォンの普及にともなって、アプリケーションやソーシャルゲーム開発のニーズがとても高まっています。

それらのサービスを提供するうえで、javascriptは今や欠かせないプログラミング言語です。

ユーザビリティを上げることで多くの顧客を獲得したいと考えている企業、特にショッピングサイトをあつかっている企業にとっては、javascriptをあつかえるエンジニアはとても貴重な人材といえるでしょう。

ほかにも、システム構築からインターフェースのデザインまでさまざまなことができるので、webサービスをあつかっている企業なら一人でも多くのjavascriptエンジニアが欲しいという状況です。

プログラミングをふくめたIT関連の職種で見ると、その有効求人率は5倍以上。これは、ほかの職種とくらべても3倍以上の数字となっています。

そのなかでも、javascriptは、java、phpに次いで日本でもとめられるプログラミング言語となっています。

このように供給不足のジャンルとなっているので、未経験者であってもスキルさえ身につければ、転職することはけっして難しくありません。

また、javascript エンジニアでは在宅勤務の求人も増えています。育児や介護などでどうしても家を離れられないという事情がある人にも、仕事を続けていくためにおすすめの職種といえるでしょう。

エンジニア向けに特化した転職支援サービスを利用しよう

javascript エンジニアが活躍できる環境は、近年ますますその幅が広がっています。

そのため、転職するなら転職支援サービスを利用して、より多くの求人を比較検討していくことが必要となります。

なかでもおすすめとなるのが、レバテックキャリア、ワークポート、Geekly、type転職エージェントといった、IT系に特化している転職支援サービスです。

特に、javascript エンジニアにとってはフレームワークの知識がとても重要となります。せっかく転職できたとしても、肝心のフレームワークを使いこなせないようでは仕事になりません。

エンジニア向けの転職支援サービスであれば、求人の項目にもかならずその記載があるはずです。チェックするさいには、プログラミング言語とともによく確認しておきましょう。

JavaScript エンジニアになるとどれぐらいの年収が得られるのか

お金

就職先として人気の高いjavascript エンジニア。転職を希望する人も多いと思いますが、そこで気になるのが収入です。

javascript エンジニアになると、いったいどれぐらいの年収を見込めるのでしょうか。その将来性などについて、くわしく見ていきましょう。

スキルが高ければ高いほど年収も上がる

javascriptは、現在のさまざまなwebページやアプリケーションにも使用することができます。そのため、仕事自体のニーズにともなってjavascript エンジニアの年収自体も高くなっているようです。

求人検索エンジンのスタンバイによると、javascript エンジニアの平均年収は555万円。これは、プログラミング言語別に見ても5位とかなり上位の金額です。C言語やrubyにくらべるとやや低く、phpやjavaよりは高いという年収になります。

また、javascript エンジニアはスキルによっても大きく差が出るのが特徴。ロースキルからトップレベルまでは、300~700万円と幅があります。

もちろん、javascriptは大手企業や金融機関でも使用されています。転職に成功すれば、1,000万円以上の年収を目ざすことも夢ではないでしょう。

気になるjavascript エンジニアの将来性は?

javascriptは、1995年にイギリスのブレンダン・アイクによって開発されたプログラミング言語です。

その後、マイクロソフトがInternet Explorerに互換性の高いJScriptを搭載。さらに、GoogleやAmazonといったグローバル業が次々と用いるようになりました。

2014年には、html5の導入によってますます動画や音声の埋め込みが容易に。2015年には、ライブラリのelectronによって、windowsからmac、linuxまで、あらゆるプラットフォームでのアプリケーション開発が可能となりました。

現在では、JavaScriptエンジニアなしではweb開発はできない、というほどの存在となっています。

さらに、Facebookによって開発されたreact nativeによって、iOSとAndroidのアプリのUIデザインも行われるようになりました。

スマホアプリの開発が重視される今後の業界では、このreactが使いこなせるかどうかで、平均年収にも大きく差が出ると考えられています。

このように、ますます使用範囲が広がっていくばかりのjavascript。これからの進化や発展にともない、将来性も十分に期待できるでしょう。

関連記事

  1. エンジニアが副業を始める前に知っておくべきこと

  2. WEBサービス企画・保有未経験のクライアントとのPHP開発体験談

  3. フリーランス

    フリーランサープログラマーのAndroidを利用した仕事

  4. 素人からでもエンジニアの副業は可能!仕事を得る方法教えます

  5. Pythonエンジニア必読!現場レベルで活躍!機械学習の開発が快適になるライブラリ

  6. Web開発(PHP)案件で在宅副業したリアル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 顧客分析ツールを紹介!すべての顧客分析ツールを比較。

    2019.10.03

  2. チャットボット業務領域

    チャットボットの仕組みの違いによる得意な業務とコストについて

    2019.09.17

  3. チャットボットの見逃せない機能20選!必要・必須な機能を紹介!

    2019.09.09

  4. チャットボット見積もり機能

    チャットボットの見積もり機能のメリット紹介!顧客獲得効果も!

    2019.08.30

  5. チャットボットサイト

    チャットボットはサイトに必須!6つのメリットで見えた魅力とは

    2019.08.26

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。