お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

中古ドメインがSEOにもたらすメリットと活用のためのポイント

SEOに関わってくると良く見かける言葉が中古ドメインという言葉です。
過去にサイトとして運営されていたドメインは中古ドメインとして取引されることがあり、高額で取引されるケースもあります。
中古ドメインはドメインとして古くから存在していたという信頼性やバックリンクの多さから新規ドメインの取得よりも検索上位になりやすいという特徴があります。上質な中古ドメインを購入すればすぐに収益率の高いサイト構築が可能な事があるのです。
一方で、中古ドメインの価値をよく理解せずに購入すると費用対効果に見合う効果がえられないケースもあるのです。

中古ドメインとは?

中古ドメインとは過去にサイトとして運営されたドメインの売買を行い、新しいサイトに流用を行うことです。
ドメインはいつ取得され、どのように運用されていたかで検索で目立つ確立が大きく変わります。一般的に新規のドメイン取得からサイトの構築、収益化までに時間がかかるのはドメインの歴史が浅く、信頼されるサイトとして認識されづらいためです。
また、運用歴が長ければサイトへのリンクが増えやすいのもポイントになります。バックリンクが多ければそれだけ信頼できるドメインと認識されやすく、検索にもプラスの効果が与えられるのです。
検索エンジンはサイトのドメインやリンクの多さなどの信頼性を読み取りながら表示順を決めていきます。中古ドメインを利用すればサイトの立ち上げからすぐに検索上位を狙えるのも魅力で、高額で取引されることが多い理由にもなっているのです。
作成から時間がたつほど信頼性が増しやすいため、しっかりと運用された履歴があるドメインほどプラスの恩恵が出やすくなります。

 

 中古ドメインの効果

 

中古ドメインの効果はドメイン取得から収益化までの時間を短縮できるのが魅力になります。また、サイト上位に優先して表示されればそれだけ利益も上がりやすくなります。
SEOを行う上でドメイン自体が持つ力を無視することはできないため、投資として中古ドメインの購入を行う人や、他のサイトの運営の資金にするために売却を行う人は珍しく無いのです。
また、中古ドメインが全て良質なわけではなく、品質や価格、効果にバラツキがあるのもポイントです。SEOは基本的にgoogleのサーチエンジンをターゲットに対策を行いますが、googleは頻繁にアルゴリズムを変えるなどの対策を行っています。そのため、良質な中古ドメインであっても数ヶ月でアクセス数が急激に下がることや、それほど良質ではないドメインの価値が上がることもありえるのです。価値は常に変動することに理解が必要です。
信頼性の高さを生かしてバックリンクとして利用し、他のサイトの信頼性を高めるために利用する人もいます。柔軟な運用し、リスクを軽減する工夫もセットにすることでより効果を得られるのです。

 

中古ドメインの施策ポイント・例

中古ドメインの施策を行うためにはまず購入する中古ドメインの内容をしっかりと確認する必要があります。運用歴が長いから単純に良いというものではなく、リンクの質が重要になってきます。信頼性の低いサイトからのリンクが多くても効果はほとんど見込めないのです。
また、過去にペナルティを受けたドメインを利用すればペナルティも引きつぐことになる店に注意が必要です。

施策1.資産を生かせるサイト構築を目指す
中古ドメインを購入しても過去のドメインと全く関係のないサイトを構築してしまうとバックリンクなどの効果を生かせなくなります。
過去の情報から資産を引き継ぎ生かすための工夫は必要で、検索上位に入るために必須のテクニックになります。
自分の構築したいサイトにあったドメインを購入するだけでなく、キーワードなどをヒモ付けていかに広くカバーできるかが大切になるのです。

施策2.バックリンクを生かす
中古ドメインの大きな資産となるのがバックリンクですが、リンクが切れたままでは資産を生かしきれなくなります。
リンクをつなぎなおすことや新しいページに誘導することも大切で、サイト構築度同じく需要な要素になっているのです。

中古ドメインの成果報酬における重要性

中古ドメインの価格の目安になってくるのが過去の実績になります。成果報酬を多く手にしているサイトであればそれだけ価値が高くなり、高額で売買されることが増えます。
逆に成果報酬がほとんど得られていないサイトであれば価値も低くなるのです。
大切なのは価格に見合ったパフォーマンスをあげられるかどうかです。中古ドメインの取得にお金をかけても、googleの検索アルゴリズムの変動によって急激に価値が下がるケースもあります。そのため、高額な中古ドメインを購入するのであればどの程度の期間でどの程度の売上げが出せるのか、コストに見合う結果が出せるのかも考えて億必要があるのです。初期投資の金額が高くなる分リスクにも注意が必要です。
成果報酬がほとんど上がっていない中古ドメインでも、うまく手を入れればしっかりとした資産に育つ可能性もあります。労力との兼ね合いを考えつつ、費用対効果を追及する事が大切になってくるのです。

中古ドメインのまとめ

中古ドメインをうまく利用すれば短期間で検索上位に輝き、収益性の高いサイトを作ることができます。一方で、短期で利益が見込める中古ドメインは高額になるケースが多く、その資産を生かせるかどうかが課題になります。ただ高額な中古ドメインを購入すればよいわけではなく、どのような効果が見込めるかリスクがどれほどなのかをチェックした上で購入する必要があるのです。
また、リスク管理の一つとして自分が育てたドメインやサイトを売却する事も可能です。SEOの効率を高めるための手段として利用できるだけでなく、資産として売買ができることにも理解が必要なのです。